新着Pick
86Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Amazonで買うものは、もちろん国際物流的なものもありますが、量的に多いのは国内のものです。それは米国でも同様の傾向であり、自社で抱える在庫を最小限とするには、拠点間の輸送をなるべく自由なスケジュールで行いたいということがそもそも自社内の輸送を航空機をチャーターしてまで行う理由と言えるでしょう。767のイメージがありますが、737などより小型な航空機も利用しており、サザンエアやサンカントリー航空によって運航されています。空港がたくさんあり、その近くに物流拠点を置くスペースもあり、空港の運用時間も十分に長いとなおよい、というようなビジネスとなります。

日本では物流の経路がほぼ東京起点であり、結局は羽田や成田の発着枠の奪い合いであったという歴史的経緯により、国内物流をターゲットとした貨物航空会社はうまくいった試しがありません(バブル崩壊のあおりをうけた日本ユニバーサル航空や、資源バブルによる原油高のあおりを受けたギャラクシーエアラインなど)。今後も東京に集中しやすい状況を考えると、旅客便の貨物室を使う輸送と需要の取り合いになることが予想され、国内物流はそれで充分となりかねません。
一方で国際物流はというと、日本ではスピードを重視するなら航空機しかありませんので、仮にAmazon経由での輸出入が全体の1割、などという状況になれば、Amazon Airの日本への就航ということもあり得るかもしれません。
地上輸送に止まらず、航空貨物物流までに手を広げるAmazonのスケールの大きさに脱帽。日本のAmazonではすでに地上輸送の大半が自社物流だと言われてます。自社物流によって、コストが下がる&サービス品質が上がる、ことにつながっています。同じようなことを航空貨物物流で実現しようとしているのですね。国外のモノが翌日に届くなんてのが、近い将来実現するかもしれません。
年始のニュースはこちら。リースという選択肢もあるなか購入に踏み切った経緯オペレーションがわかりやすかった。「モルガン・スタンレーの予測では、早ければ今年中にも、配送サービスを第三者にも提供する可能性があるとしている」など各社のレポートを読み解いている

こちらのコメント欄は勉強になりました..
アマゾンが767購入 貨物機へ改修、デルタとウエストジェットから11機(Aviation Wire、1月06日)
https://newspicks.com/news/5515342
さて物流だけに留まるか。

航空会社は、機体を売って身軽にしたいとこ多いだろうから、
他業種のメガプレイヤーが購入してくる可能性はありますよね。

また複数社でシェアする流れも出てきそう。
amazonは、地上の宅配については、既に、かなりの部分を自前化していますよね。

この記事は、それが、ついに、航空物流でも、同じことをやるということです。

自前にすることで、そのプロセスの本当のペインポイントを理解できます。そこが、他社に依頼するのと、圧倒的に違う部分です。

それを学べるためなら、amazonは、損しても投資するでしょうね。今の時期は、機材の安売りも期待できるので、それをみて行動を起こしたのでしょう。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
航空機がバーゲンセール中なんでしょうね。
やることのスケールでかい。
ボーイング(英語: The Boeing Company)は、アメリカ合衆国に所在する世界最大の航空宇宙機器開発製造会社。1997年にマクドネル・ダグラス社を買収したため、現在アメリカで唯一の大型旅客機メーカーであり、ヨーロッパのエアバス社と世界市場を二分する巨大企業である。また旅客機だけでなく、軍用機、ミサイル、宇宙船や宇宙機器などの研究開発、設計製造を行う。 ウィキペディア
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
189 兆円

業績