新着Pick
111Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一方で、下記のDeloitteの調査によると、コロナ以降EVなどの非内燃車を選びたいと言っている人が減少している。
ドイツでは、2020年調査は51%だったのが2021年調査41%と10ポイント減少。ちなみに米国は41%→26%、日本は63%→55%。どこの国でも減少しているが、絶対水準でも落ち込み方の小ささでも、日本が一番エコな車への選好が強い。これはHVがしっかり浸透しているということもあるが、現実解としてのHVの優秀さと、グローバルロビイング・プロモーションのなかでの弱さも残念ながら感じる。
一時のディーゼルブームとその後のディーゼルゲート、などを想起しなくもない。
https://newspicks.com/news/5660011
ご参考

これの研究チームがall americanで、更にcalifornia中心である事に、国際政治経済ゲームのややこしさが見える気がして、なんだかねぇになります (あ、CMUは知り合いかもですが)

https://newspicks.com/news/4744172
何度でも言うが、BEVを本当に欲しいユーザーは決して多くはない。

既存のメーカーも大して作りたくはない。

だって消費者が欲しがらない商品作ったってしょうがない。

だから、欧州は国とタッグを組んで進めてるわけ。
電動化を推し進めるなら優遇しろよ、と。
中国は言うまでもない。

そんな話。

日本の政策は欧米をフォローするだけで、自国産業が有利になる様リードする気がない。全く話にならない。
この件、簡単に言えば、F1のレギュレーション変更と同じです。

「勝てなくなったので、自分たちが勝てるルールに変更する」

LCAに当てはめると

「エンジンやハイブリッドでは勝てないので、それらが要らないものが有利になるようにルールを変える」

ということです。

大量のEVということは、大量の電池、大量の走行用電力となります。

電池は、製造時と廃棄時のエネルギーが膨大に必要で、走行用も合わせて、それをクリーン・エネルギーで充足しようとしたら、直近では、原発依存になる可能性が高いでしょう。

CO2は排出しないが、核廃棄物は大量に生まれる…よく考えると、本当にサステナブルなのか…疑問にも感じます。再利用可能エネルギーで全てが充足できれば理想的ではありますが、それは夢物語のように感じます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません

業績