新着Pick

選択的夫婦別姓の導入、自民が検討チーム設置へ…党内には賛否

読売新聞
自民党は、選択的夫婦別姓の導入を検討するプロジェクトチーム(PT)を新たに設置し、近く議論を再開させる方針を固めた。保守支持層の反発を懸念して議論が停滞していたが、党の女性政策への注目が高まる中で、議論を進めることが必
77Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
結婚によって主に女性側の姓に関する不利益が多いので、別姓での婚姻関係を法律で認めれば充分だと思います。
ただ、なぜそういう名義変更手続きが必要になるかと言えば、あらゆる契約の大半に、未だマイナンバーの紐付けが義務化されてないものが存在するからです。全ての契約において、マイナンバーの紐付けが義務化されれば、そもそもの名義はあまり意味を持つものにはならないので、変更手続きも不要になるでしょう。

問題は子供の姓で、これは夫婦どちらかの姓に固定されるべきだと思います。
大体の離婚裁判の結果から考えると、後々の手間が少なくてすむのは、母親側の姓に固定することだと思います。
父親側の姓に固定する意味とメリットはほぼ無いに等しいでしょう。
人気 Picker
全く廃案ではなかったのですね!
よかった。
別に、強制ではなくて、選択制なのだから、なぜ反対するのか、私にはわからない。

戸籍制度など事務的な問題より、別姓の人たちが増えると、
伝統的な家族、家制度が損なわれるというのが、一部の反対の長老たちの主たる理由だとか。「気持ち」はわかるが、ここは一部のおじいさまの信条ではなく、国民の意見で決めるべきだと思う。
マイナンバーあるんだし、姓は場面で2人とも2つ両方使っていいにすればいいのに。嫁側の行事に出るときはみんなで嫁の姓で、旦那側の行事に出る時はみんなで旦那の姓ならグルーピングしやすくて参加者も楽だし、仕事はそれぞれでも好きなのでも。子供は外孫でも内孫でも可愛いだろうし、相続は法律が決めるし、どっちの姓になるか本人選択できないし。ただ子供は姓が倍がけで増えてくな。。。(笑)
国際結婚の人は変更をしなくてもOK。反対理由に家族の一体感が損なわれる、子供の姓の問題などありますが、国際結婚で姓が違うどころか、文化や(第一)言語が違くても結束が強く、子供も幸せに育っている家庭を結構知っています。個別事例で全てに当てはめることは出来ませんが、そろそろ議論を深めるという長年の繰り返しに対して結論へと向かっても良いと思います。
別姓に反対ってどういう理屈なんでしょうね。賛成派の意見は分かる。反対するのは子供のため?家族というグループの概念が守れない?それを主張することこそが、別姓賛成派の問題視する問題を引き起こしている気はする。「自由」という観点から賛成しか出来ないなと。家族って所詮概念なのだから、性別が使えないなら、他の形を探せばいいのではないか、と。
自民党は、選択的夫婦別姓の導入を検討するプロジェクトチームを新たに設置し、議論を再開させる方針を固めたとのこと。世論の高まりを受けての動きかなと思います。