新着Pick
209Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
県東部、沼津、三島のよいところ。
都内、伊豆、箱根、富士山界隈まで1時間もあれば
行けるのは本当に贅沢です。海の幸山の幸、海の遊び、山の遊び、温泉、キャンプ、、とにかく飽きない。
何かあれば都内がすぐなのも便利。
静岡県は横に長いし伊豆もあるので住む場所により特性があると思います。
人気 Picker
コロナ禍で、栃木県の那須に家族で地方移住しました。
私たちが大好きなこの栃木は、東京に新幹線ですぐだし、希望移住地としてトップ5くらいに入っているかなと思ったら、びっくりの13位でした!!ショック!
https://www.furusatokaiki.net/wp/wp-content/uploads/2021/03/webnews_20210304_furusato_ranking2020.pdf

軽井沢は、風越学園とかの教育移住者も多そうですが、その他の場所は、地方の魅力を伝える情報発信力にかかっている側面も大きいのでしょうか。

いち地方移住者として、頑張って栃木の魅力を微力ながら、伝えていきたいと思います。
とりあえず、那須は大自然と温泉が素晴らしいです、あと野菜が美味しいです。そしておしゃれなお店がたくさんあります。ダイナミックなので、車がないと何もできないところは好き嫌いが分かれるかもですが、とにかく悠々と暮らせて、子育てしているファミリーには特におすすめです!
たまたま今日やったオンラインセミナーでも新型コロナによる変化の一つとして、格差ー業界間の格差、性別による格差ーが深まっている。都市と地方の話にも触れ、高齢化少子化で衰退一方の地方という構図だったのが、コロナで違う流れがでていルコと。移住を検討する人の比率(20代30代が相対的に多い)などのデータと先日コメンテーターとして参加した九州の地域政策デザインスクールの発表会のことを説明しました。具体的に見ると色々な課題もありますが、解決案も考えられそうなので、もっと詳しく見てみようと思っていたところでした。静岡か長野か、というより、地域のユニークさやよさをどうアピールできるか、何をしたら良いか、を考えたら良いのではと感じます。
さすが!

熱海伊豆が、軽井沢を逆転のようです! 

コロナ禍によって、移住が大衆化すると、寒冷地andスキーより、
温暖and温泉のほうが市場が大きそうです。
各都道府県にとっては切実かもしれないけれども、この場合どちらが1位、2位などという競争にはあまり意味がなく、むしろ首都圏からの移住者がトータルで見て増えるのかどうかということが重要な情報だと思われる。移住したいところの選択肢は多い方がよいし、首都圏へのアクセスを担保しつつも、リモート会議などがスムーズになることで選択肢が拡大しているということだともいえるだろう。それによる分散が実現できることは日本全体から見てポジティブだと思う。就農支援については地域の農業関連部署や地域の農業士さんなどのエキスパートによる長い伴走支援が重視されるようになってきており、こうしたセクターの活躍は見逃すことができない。
おや、昨年は広島県が第2位で、今年は首位取れるかと思いきや…。コロナ禍で基準が少し変わりましたかね。
これまで移住を考えてこなかった在京の方々が、現実的な東京圏内での移住を模索した結果かな。
いやぁ、やるならもっと跳ばないと!
富士山を挟んで静岡と山梨が1位と2位ですね。両県とも、自然の中の開放感が味わえる一方で、東京へのアクセスも良いですから、合点の行く結果です。
豊かな自然と東京へのアクセスのしやすさが人気なのでしょうか。
ワーケーションなどで短期間行き、そこからハマっていく人もいそうですね。

弊社の工場は静岡にあるのですが、新幹線で片道1時間、5,000円弱で行けるので東京からの出張もしやすいです。
仕事を続けながらの移住は、やはり東京への利便性は一定レベル必要です。
その意味で、上位都道府県へ順当ですね。

私は、昔から一貫して移住ならば札幌一推しなのですが、冬が越せる自信がありません。
友人達をたくさん作らないと難しいかと。

今今は、花粉症のため、沖縄県が魅力的です。

理想は札幌在住、冬は沖縄ですが、これはハードルが高く、実現は難しいと思います。
もし移住するならば、温泉♨️が必須要素ですね。
この前、静岡に講演行ったときにこの話題になりました。
地元の方々は、大きな地震などにより南海トラフ地震の連想が強まると、移住希望者が減ってしまうのではと懸念されていました。
コロナ禍での「企業の本社移転の動き」にも注目。長らく続いた「1都3県への転入超過」の傾向に、どんな変化をもたらしているのか現在調査中