新着Pick
105Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
これ、むちゃくちゃ効果的で、長期金利の上昇が反転下落し、かつ、対ドル円安が進んでいる。しかし、米国の調整はこれとは関係なく進むわけで、党首的にはもう一波乱あるとは思っている。
人気 Picker
黒田総裁発言、めちゃくちゃマーケットに効いてますね。
この発言を受けて、10年債利回りが0.15から0.10あたりまで下がりました。
後場の株価の反転もこの要因が大きいでしょう。
今の状況下で長期金利の変動幅を拡大すれば、金利の上昇を容認したと捉えられ、それでなくとも不安定な株価を急落させかねません。否定するしかないでしょう。極端な緩和を続けた結果、緩和の出口で担うリスクが大きくなり過ぎて、現状を肯定しつつ行き着くところまで行くしかない状況が生まれているように感じないでもありません。
景気の下振れリスクが懸念され、国債を発行して景気を下支えしたい政府と、その国債を買って緩和を続けたい日銀の思惑が一致しているうちはそれで問題ないですが、万が一にも景気に過熱感が出て金利引き上げを考えざるを得なくなった時、何が起きるかが気掛かりです。公的な立場にある人々は、それが心配だとはたぶん、絶対に言えないでしょうけれど (・・;
興味深いことが何点か話されているなと思いました。
先月の歴史的な株高の際はETFの買入れ額を減らしていたのだそう。
また日銀によるETFが企業のESGの取り組みを弱めているのではないかという指摘に対しては、そういう考えはないと。ただ、「環境関連ETFの買い入れについては、国際会議や各国中銀と十分意見交換しながら議論を深めていきたい」ともお話しされています。
なんで日銀のETF購入がESG投資の妨げになっていないのか、紋切り型のYes/Noではなく、その理由が聞きたい。