新着Pick
3166Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
具象と抽象の行き来は、理解、つまり解像度を上げる。
これについて、一番良い資料は、東大FoundXの下記の馬田さんの資料だと思う。神資料なので是非是非見ていただきたい(自分のなかでは1年に1回出会えるかというレベルでの良い資料だった!)。
FoundXは東大のアクセラレータプログラムで、起業・サービス作りを念頭に置いた資料だが、ほぼすべてどんな場合でも使える。深さ・広さ・構造の把握という3点がキーだし、解像度が低いときにあらわれる症状は、どんな調査・分析にも当てはまる。そして調査・分析がアクションの礎となることが多いので、極めて汎用度が高い資料・考え方だと思っている。最近社内でこの資料を見てーということが多く、すっかり「解像度おじさん」になっています…
https://speakerdeck.com/tumada/jie-xiang-du-wogao-meru
議論が噛み合わないことの多くは、その人が「具体化」を得意としているか「抽象化」を得意としているかの差によって生まれているのかもしれない。それがわかったところで、相手がそれを理解していなければ意味がないのですが、そう思えるだけで、自身へのストレスを減らせたり、冷静な判断ができるケースが増えるかもしれません。

と言いつつ、この本でさえ、具体の世界しかわからない人には伝わらない可能性もあります。しかしそれは本書でも指摘されている「レッテル貼り」でもある。難しい・・・
抽象的なことばかりのスピーチを聞いていると、眠くなる。適度に具体的事例を織り交ぜて話す人のスピーチには聞き入ってしまう。両者のバランスが大切ですね。

抽象化には、哲学が近道です。そしてイマジネーションを鍛えることも。食レポがうまい人は、抽象化がうまい人ですね。
具体と抽象の往来が大事なことは、全く同感である。
 私の最も被引用件数の多い論文(685件の引用がある)は、コンピュータの論理回路に関する基本的な論文である。元々は、コンピュータ全体の話でも、論理回路一般の話でもなかった。
 研究を実施している時には、高速の乗算器(掛け算をするハードウエアでコンピュータの一部である)の検討をしていたのである。極めて具体的、具体物に関する研究であった。
 ところがこれを論文にまとめる時に、その時の上司に、この中に使った回路に、論理回路の一般的な概念として名前をつけるよう指導された。すなわち、より抽象化してとらえるよう指導されたのである。その結果、「高速乗算器」の研究発表ではなく、「高速な論理回路の提案とその乗算器における実証」の論文に変わった。その結果、様々な論理回路の教科書や論文に広く引用される論文になった。
 まさに、具体と抽象を往来する最初の大きな経験であった。以来、これに味を占め、具体的な努力と、適度な抽象度による表現とをバランスより織り交ぜることが身につき大きな財産になった。この場を借りて、その時に上司に感謝したい。
面白い。
頭の良さとか筋の良さを感じる人は大抵上手な抽象化をしている。
多くの人の性格特性を見てきた中で、抽象化能力が高いことと人の話が聞けない能力や飽きっぽさのつながりは確かにある。「優秀さ」の類型のふたつである、「全体像を捉えて新しい価値を生み出す」と「粘り強く取り組み続ける」の両立が困難な理由もここにあるが、経営者は往々にしてここが求められることが多い。抽象化において失われるものを認識したうえで、解像度を高めていく姿勢が身につけられるかどうかがとても重要。

「他方で、抽象化が得意な人には、「人の話が聞けない」傾向がある。共通点に着目して、「すべて同じ」と収斂をしていく抽象の世界と、相違点に着目して「すべて違う」と拡散していく具体の世界の違いが、こうした傾向を生み出している。
抽象レベルで物事をとらえている人にとって、日常のさまざまな話はすべて「どこかで聞いた話」になってくる。
たとえば、サッカーの話と演劇の話と職場の人間関係の話が「すべて同じ構造」だと見抜いてしまうと、「またあの話か」となってしまう。だから同じ話を延々と聞かされている気分になり、とてもすべてを聞いていられなくなる。
このような理由から、抽象化能力の高い人は、周囲から「飽きっぽい」と見られることが多い。
抽象と具体の行き来こそが人類が進化できた理由だろう。物理学者の思考性を学ぶと、そこに深い哲学がみつかる。「ご冗談でしょう、ファインマンさん」などがおすすめです。抽象が得意なのはいうまでもないのだが、肝は具体をどうクリエイティブに考えるか、伝えるか、表現するか、だったりする。

【この「他人を抽象レベルで見る」と「自分を具体レベルで見る」という習性には、相当強いバイアスがかかっている。】
書籍を読んでみたいと思った。具体と抽象の行き来について、うちの会社では抽象度や解像度、鳥の目や虫の目という言い方をする。手段と目的やWhyとHowなどとも関係する。自分ではどのようにこの抽象と具体の行き来をこなしているか言語化できないのだが、自分の中で少なくともどのレベルの話をしているかが交通整理できているようには思う。抽象と具体が行き来する会話をしていると、相手が迷ってしまうことがあるが、それを交通整理するには、全体の構造を理解していることが必要。プログラミングする人でないとわからない例えで言うと、スタックやプログラムカウンターなどが頭の中にあり、それをきちんと制御している状態だ。プログラミングにおける要求を要件に落とし、さらにそれを設計から実装に進めるというのも、抽象から具体の話なのかもしれない。と考えると、プログラミング的思考は抽象と具象の使い分けの達人への近道なのかもしれない。

もう1つ考えたいのが、組織としてこの能力を育むにはどうすれば良いかだ。いや、逆に能力を伸ばすことを阻害する組織が多いように思うが、いかにそれを阻止するかを考えたい。
日本プロ野球の球団
→セ・リーグ→巨人 ヤクルト 横浜 中日 阪神 広島
→パ・リーグ→日ハム 楽天 西武 ロッテ オリ 福岡

こういった例を最初の入口に使って、抽象→具体、を説明してます。

そのうち、身の回りにあるものをグルーピングしてみることで抽象化を練習します。

慣れてきたら、何かを伝えるときに、他のものを比喩にして説明してみることを試みます。

そしたら、今度は比喩を使った説明が伝わらなかった人をつかまえて、比喩を使わないで、伝えたいことを具体例で説明してみることを試みます。(いつ、どこで、誰が、なにを、どうするを明らかにして説明します)

こういうことを繰り返して、具体→抽象→具体…と何度も何度も行き来して、ようやく、相手に合わせた具体化と抽象化ができるようになる、と考えます。
具体化と抽象化に関する思考力を高める基本的な方法は、ロジカルシンキングの大原則である「ピラミッド構造」への情報整理です。

ピラミッド構造のポイント
・上段が全体の要約となる1つの結論が設定される。抽象性が高い
・下段に行くほど、結論を支える詳細な情報が多数設定される。具体性が高い

一番上が1つのブロック、下段に行くほど多数のブロックが積まれているので、エジプトのピラミッドのような形に似ているため、ピラミッド構造と呼ばれます。
この連載について
本を読むことは、心を豊かにしてくれる。慌ただしい毎日のリフレッシュにもなるだろう。ただ、ビジネスパーソンには時間がない。そんな悩みを抱えるあなたにNewsPicks編集部が、本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、話題の書籍の要約をお届けする。