新着Pick
287Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
事業のタイミングはもちろん、メルカリのトランザクションがあるからこそのこの成長ですね。
PayPayやLinePayなどあるなかメルペイは厳しいという声もあった中やりきって、こうやって結果を出してるのは本当にかっこいい。
「なめらかな社会」というと、スマートニュースの鈴木健さんの「なめらかな社会とその敵」(2013年)を想起してしまいますが、なんとなく全然違うことを言っているような気も。

メルペイのおかげで日常的に現金を使う事がほとんどなくなり、銀行でお金をおろす事がほぼないです。半年以上ATMでお金下ろしていない気がします。

ラインペイとペイペイと情報共有した瞬間に辞めます。
やはりこれがメルペイの勝機ですよね。中国のZhima Credit. となると公共料金の支払いやSNS情報なども入れて信用度数を作り出していかねば、、、が、そこに壁がいろいろ、だから先ずはメルカリユーザーが恩恵を受ける、て感じですよね。期待!!「メルペイがほかのサービスと決定的に違うのは、メルカリで何かを売り、そこで得たお金を次の買い物に使う流れが基盤にあることです」
メルカリの登場によって、人々の購買行動が変化した、という話を聞いたことがあります。
私自身も、売ることを想定して購入をするために、少し高くても、価値が下がりにくい商品を優先して買うようになりました。

新しい信用の創造、資産運用の推進など、メルカリは利用者の考え方の根源的な部分にアプローチができる稀有な企業だと思います。

最近参入を表明したメルコインも、単なるポイントの代替というだけではなく、おそらくメルカリをNFT(非代替性トークン)の市場とする布石なのだと思います。

それができれば、例えば、「電子書籍」を、読みおわったら売ることができます。

その際に、著者や出版社にも利益が行く形が作れれば、革命的な出来事になるのではないでしょうか。

これからも、メルカリからは目が離せません。
資産から、価値交換の標準=お金 を経てもへなくても、
価値交換が進んでいく。
新しい社会。スケールしそうですね
この連載について