新着Pick
778Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
は!?世界初!?嘘乙。
テスラ様とかはレベル102とかなんやろ!?
ワイはNPやってるから知ってんねんで。
NP民がテスラ様は凄いー!テスラ様は凄いー!言うてたもん。
え!?違うん!?
人気 Picker
文字通り世界初ですが、車両運送法と道交法の改正も、国際基準(WP29)より、約8ヶ月先行しました。法整備と製品化で、日本の行政とホンダは、快挙。課題はこれからですけどね。まずは、最初に生牡蠣を食べる役目を演じました。

レベル3の法改正の骨子と日本政府の安全の考え方を示します。
「合理的に予見される防止可能な人身事故は生じさない」
「救護義務などドライバーは安全運転義務があること」

これを受けてホンダはL3の運用を時速30kphから50kphに限定しているが、ミニマムリスクマニューバーという措置や冗長性の考え方はL4に近いと思う。
イーロンマスクがコスパが悪いと言っているLiDARを5個もつけてるのでそりゃ車の値段も高いですよね。
https://www.carsensor.net/contents/editor/category_849/_64617.html
レベル3であっても、数十秒以上よそ見したり、目をどじたりはできないので、実用性こそどうかとは思うが、これをちゃんと市場に出すホンダの技術者も大変だったと思いますし、何より今回政府がレベル3を許可し、世界の中でも自動運転をリードしていく姿勢を見せたのは良いかと思います。
しかし、他国もこのシステムをそのまま使わせないようにするために、自国の車メーカーを守るような法律は出してくるかと思います
まずは限定100台のリース販売で、クルマの状態を監視出来るところから販売を始めます。自動運転ではもっとやれることがあるようですが、ホンダは慎重の上にも慎重を期していますね。
なお、私が警察庁に確認したところ、レベル3の自動運転中に事故が起きた場合でも、運行責任は人間にあるとのことです。結局は注意を怠れないということですね。
昨年発表があったホンダのレベル3「レジェント」がついに発売。とは言え、100台の限定生産でメンテナンスパックを付属したリース販売のみとする。一般の人も購入はできるようです。ホンダがレベル3を発売するのは大きな意味があることだと思います。レベル2とレベル3の差がわかりにくいというところもありますが、「レベル3」と謳って販売することにホンダの姿勢を感じます。
踏み込んだホンダにあっぱれ!
ただし事故責任は運転者にある運用であるため、自動運転と呼ぶにはまだ時期尚早の感。本格的なレベル3にはにかなりの時間が必要だろう。自動運転MaaS車両のレベル4は早期に実現できるが。
技術を進化させるには、沢山出した方が良いと
思いますが、
月販が二桁な状態ですので、それでも十分との
考えなのか。。
それとも、売るだけ損する構造なのでしょうか?
世界初と言うのは、世界で初めて日本で走れる
レベル3であり、先行する他海外メーカーも
存在します。

いずれにしても、開発費は巨大だと思います。
出した事は、素晴らしいと思います。
頑張って貰いたいです。
https://newspicks.com/news/5429307/

〈再掲〉
レジェンドの自動運転はその技術も去ることながら、行政を納得させて認可を取った事が1番の成果。

実際には自動運転ができるシチュエーションは極端に限られる為、ドライバーが運転するよりも安全になる事はほぼ無い。

つまり、役には立たない。

こんな役立たずにも関わらず制御のフル二重化などやらねばならない事が多い事を認識しておくべき。
自動運転は簡単じゃない。安全性を担保し、認可を取るのは非常に難しい。

こう言う事をキチンとやらずに、完全自動運転などと言うベータ版ソフトを提供して自己責任でどうぞ、と人柱を募るメーカーはホンダの爪の垢を煎じて飲んだ方が良い。

しかし、大きな一歩ではある。天晴れ。
せっかく世界初の「レベル3」であれば、デザインも、これまでのレジェンドの延長線上のものでなく、パッと見た瞬間に「あれが噂のレベル3の車だ!」と分かるようなデザインにすれば、高くてもそのステイタスのために多くの方々が購入したくなるような気がします。
ただ、日本からこう言った世界をリードする事象が出ることは素晴らしいですね!
ホンダの地元では、ホンダの自動運転車による駅前と外環自動車道→陸の孤島みたいな場所間のシャトルサービスが予定されています。
地道に頑張っているようなので、応援しています!
1100万円で100台限定か。。。とはいえ、公道を走るとすればこれは大きなインパクトがある。今後の動向にも注視したい。

どこにインパクトがあるかといえば行政面。規制も多かろうし、ホンダ内部の安全基準などもあるだろう。越えるべき壁はかなり多かったのでは?ホンダはこうしたチャレンジを着実に積み重ねているということか。
本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。 ウィキペディア
時価総額
6.03 兆円

業績