新着Pick
463Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事には書いてありませんが、コンビニコーヒーも相当な影響を与えていそう。自動販売機を増やす戦略のメーカーもあるようですが、街中どこを見ても自販機があるような気がするような状況の中で、どこまで増やせるか、またそれが昨今叫ばれるエネルギーの無駄とどう立ち向かえるか興味があります。一部ではAIを搭載し、その人の好みを推定して商品ディスプレイを変化させるような試みもなされているので、そちらの効果・行く末も見守りたい。

AIで自動販売機の売り上げが最大50%以上も増加、JR東日本の連結子会社
https://ledge.ai/jre-water-hivery-enhance/
店頭では無人化といわれ、人がロボットに置き換わるというような話がある中で、自販機も減っているとは。

「長期的な流れとして、自動販売機の数は減少の一途を辿っている。日本自動販売システム機械工業会によると、2013年時点で220万台だったのが、2019年には210万台となっている」

「缶コーヒーは仕事の合間や休憩時間に購入されることも多かったが、外出自粛、営業時間短縮、リモートワーク推奨などでその機会が一気に消失している」

「国内最大手のコカ・コーラは、自動販売機のチャネルを減らしていく予定だ」
CMでもありますが、缶コーヒーは現場やオフィスの休憩時に男性が買ってるイメージです。
飲食店向けに卸していたコカ・コーラの売上は1000億近く下がっていますが仕方ないですね。
各飲料メーカーでの販売チャネルとして、スーパー、自動販売機、飲食店向けとそれぞれ集中領域が異なるのが面白い。
自販機は非接触チャネルという位置付けなのですね。人とは非接触ですが、現金の投入やボタンには接触します。完全非接触の自販機を投入して欲しいですね。
ダイドーの飲料は大好きですが、飲料ビジネスは、糖質やカフェインの中毒性を利用したビジネスに、どうしてもなってしまっているように思います。

近年のヘルスケアの流れからすると、過剰な糖質やカフェインは避けられる傾向にあり、それらに依存しない、新たな嗜好品の創出が必要になってくると思います。
自販機コーヒーのヘビーユーザーでしたが、言われてみるとここ一年で利用が激減しました。
仕事や移動の合間で買うことが多いが、リモートと自粛で結局家で作る方が旨いじゃんと気づいたのかも知れません。
それにしても鬼滅で1億本!こんな古いコラボ戦略も、コンテンツ自体にパワーがあったら不況をねじ伏せてしまうのが個人的な発見でした。
コンビニコーヒーの登場が市場に与えた影響は大きかったのは間違いないでしょう。
自身の生活実感を振り返ると、コーヒーが飲みたいと思ったときに缶の選択肢が無くなり、どのコンビニのコーヒーにするかを選択するようになっています。

そんなに味覚が鋭いほうではない私ですが、缶とコンビニコーヒーの違いを感覚的に感じ取ってるのだろうと改めて振り返っています。

今、缶コーヒーの販売数を改善するには鬼滅で成功したようなIPの活用か、味の改善。
IPの活用は商品のファンになるの少なくあくまでも一過性。
味の改善を頑張ってほしいですが自動販売機というビジネスモデルでは原価率の問題が重くのしかかってくるのでしょう。

成人向けビデオの自動販売機が衰退したのが次は「コーヒー」業界にも押し寄せてきているのでしょう。
缶コーヒーの復活戦略

まずはじめに、そもそも缶コーヒーじゃなくちゃいけない理由が存在するのかというと、答えはノーだと思います。
コンビニで100円で淹れたてのコーヒーが飲めるのに、わざわざ自動販売機で130円で缶に入った体に悪い缶コーヒーを飲むという非合理的な選択を顧客にさせるのは非常に難しいと思います。

でも、そのように考えると、同じようなコンセプトで上手くいっている(人気がある)ものが見えてきます。
最も似た境遇にあるのが機関車(SL)じゃないかと思います。
新幹線や最新の電車、更にはリニアまで登場している中で、今でもSLは人気があります。
SLに乗るために遠くまで訪れて高い金額を支払って乗る。これはSLに乗る体験が貴重な価値なのであって、SLで移動することが価値なのではないということです。

つまり、缶コーヒーがこれから価値を発揮するには、缶コーヒーの美味しさや手軽さといった価値ではなくて、昔飲んだ味や、自分たちが生まれるずっと前からある缶コーヒーを飲むという体験を売ることなんじゃないかと思います。
そう考えると、新しい美味しい缶コーヒーを発売するのではなくて、何十年も前に飲まれていた缶コーヒーを忠実に再現して、200円や300円というプレミアムな価格で販売する戦略がいいのではないかと思います。

この戦略を採るのであれば、他にも似たようなレトロな商品とコラボレーションをし、昭和初期の日本が最も元気だったころをさらに強烈に感じることができる体験を作り込むことでより高い付加価値になっていくと思いました。
自動販売機って、日本の「安心・安全」を象徴するアイテムだったと思うのですが。。

もう「24時間戦う」時代じゃないし、ハリウッドスターにジャパニーズカルチャーを揶揄させてジャンパー配る時代じゃないってことなんですかね??

きっと次は、オープンテラスで飯食ってる人たちがいなくなるのかなぁ。
本論とは関係ありませんが、自販機の功罪について議論すべきではないかと感じました。

人件費と比較すれば運用コストは低いとは思いますが、定常的に電力を消費していますし、ネット接続されていないものに関しては、まさにサイロです。

常時通電されているメリットを活かして、WiFiアクセスポイントにするなど、他の付加価値を追加すれば、かなり有益なインフラになると思うのですが…

日本の自販機とコンビニは数が多すぎると思うのは私だけでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。