新着Pick
818Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ビッグデータによるインサイト発見、『デジノグラフィ』の世界に自分で一歩踏み出す方法とマインドセット、活用できるツールについてお話しています。(より具体的なデータソースやツール類は書籍の第1章に。)
https://www.amazon.co.jp/dp/4883355101/

文中で触れている毎週金曜のClubhouse「検索大喜利」はちょうど本日5日17~18時です。挙手した方にお題(質問)を頂いて、その場で僕たちが検索データを必死に分析して何か答えを言う会。先週は太平洋沿いを北上する花粉症検索のウェーブとか、「新生活」関連ワードとか、なぜか離婚届を出すタイミングとかを分析してました。
https://www.joinclubhouse.com/event/PvYbrY0X

デジノグラフィを始めるマインドセットとして大事なことを物凄くざっくり言えば、「荒くても、拙くても、極論間違ってても構わないから自分でデータを分析してみて、それを周りに見せること」。
特に重要なのは、最後の「周りに見せる」です。そこから全ては動き出します。だから、分析している自分も楽しいし、周りに笑って話せるようなネタがいいです。ちなみに僕が最初にした分析が、記事中にも触れたこれ。我ながら良い感じにくだらないです。笑
男と女、どっちがバカか、調べてみたんだ。
https://note.com/takamasa_sakai/n/n2a10264b8eb8

最後に念の為ですが、データ分析する際は
・個人情報、機密情報などの扱いには必ず注意してください。
・Webスクレイピングも抽出した内容自体の公開や、サイト運営を妨げるような負荷をかけることは禁じられています。こちらも十分に注意をしながら行ってください。
データを「発見」に変え、何をしたいのか。
それによって、発見できるものが変わるように感じます。
私たちの仕事でいえば、デジノグラフィ的ビッグデータからのアプローチも、週刊誌的な個別事例から動機と背景を探っていくアプローチも大切。
「虫の目、鳥の目、魚の目」というものでしょうか。
【意識することで気付きを産む】

ビッグデータ分析というと、大量のデータから何らかの【傾向らしきもの】を、うんうん!唸りながら探す的なことを勝手に思ってましたが、デジノグラフィは面白いですね!
特に、「面白いことを見つけよう」精神で
ビッグデータ分析に取り組む、には心動かされました。

面白いこと?!、なんでそうなんだ?!という視点は、デジノグラフィに限らず、日常やビジネスの課題発見にも使えます。

良記事です。
人生におけるマイデータを分析できたらおもしろいでしょうね。どんな人だったのか、どんな人と会ってきたのか、一目でわかる。
データの表面にある数字のみを見るのではなく、データの背後にある人の動きをありありとイメージできるかが重要。

自身の体験では、とある金利デリバティブ市場で、どんな要因でその金利が動くのかがよくわかっていなかったところ、その金利デリバティブを利用する投資家の動きを突き詰めて考えてみたところ、その金利水準と高い相関を示す別の指標を発見し、その市場構造を明らかにできた、という経験があります。

データはそれのみだと数字に過ぎず、人の行動・世の中の動きを表現しているかどうか。

理系的能力だけでなく、文系的能力とのミックスがあるとなおよし、とも言えるでしょうか。
デジノグラフィとは、また新しい言葉出てきたな、ぐらいにしか思っていなかったのですが、コロナ禍でエスノグラフィのそもそもの元データとなり得るようなデータが無くなってきていることなども鑑みると非常に重要な考え方なのだなと理解。
分析の切り口をどの程度思いつくか、という点も重要ですよね。
デジノグラフィーはtoC領域だけではなく、ぼくの生業にしている組織開発のサーベイフィードバックなんかにもゆくゆく使えそうだな、と。
検索大喜利面白いですね!
記事レベルのデジノグラフィではツールを使いこなすより、ツールを使い分けるためのツール把握が重要だと感じました。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。