新着Pick
159Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
こつこつ積み上げたウェルスナビの口座数が38万件なのに。PayPayが積立投資始めたら、あっという間に抜いて来そうだな。
人気 Picker
投資を行えば短期的には利益が出ることもあれば、損が出ることもある。その原資が自ら支払った現金ではなく買い物等に伴って付与されるポイントであれば、損が生じた時も「痛みの感覚」が少ないということが知られている。
その意味で、ポイントを使った「擬似投資」をPayPayだけでなく、楽天やdocomoなどがサービスとして提供しているのは理にかなったこと。
当然彼らは、擬似投資でトレーニングを積んだ「投資家予備軍」を自社グループや提携する証券会社(スマホ証券など)に誘導しようとするだろう。
従来の「まず勉強してリテラシーを上げてもらってから投資をしてもらう」、というやり方だけでは人は動かない、ということは歴史が証明している。
「貯蓄から投資へ」のスローガンや、税制を活用したインセンティブ設計に加えて、こうした「仕掛け」が社会で実験され、人々を良い方向へ誘導するというという場面がこれから増えてくるのではないか?
ポイント投資は気軽にできます。これを入り口にちょっとだけ株式投資、そして本格投資の世界へ進む人もいます。

米国では、企業の端株(1/1000)がもらえるサービスもあります。その方が企業に対する興味をもつし、ロイヤルティもアップします。
私も数ヶ月前に友達から話を聞いて、話しながらPayPayでボーナス運用の設定をしました。証券口座と違って面倒なKYCが必要なかったのでその場ですぐに運用を始められました。ある意味中国のwechat payとAlipayの資産運用のユーザー体験ととても似ていました。これぐらい手軽だから広がりますよね
利用者は多いですが、残高がどのくらいあるかが重要だと思います。
ポイント投資事業が赤字でも、PayPay証券に誘導できれば安い買い物なのかもしれません。
ポイントはほんと注目です。
ただ、顧客保護も資産保全もされておらず、税制も微妙。