新着Pick
161Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
(運輸業界の)人手不足が深刻な日本では更に人材の流動生を高める必要があり、その為にはギグワーカーが安心して働ける環境整備が必須だろう。
しかし今までは月給40万ほどを稼いでいたUber配達員も今日の報酬減額により配達だけで生計を立てていくのは厳しくなるだろう。
今までがシェア獲得の為にUberが赤字を刷り異常な報酬だっただけだ。

そして、デリバリー業界ではどれだけシェアを獲得できるかが生命線であるため各社赤字を刷ってでもシェア獲得にしのぎを削ることになるだろう。
例えばmenuでは、友人紹介を1人するだけで1万円分のクーポンを配布するなど中々の大盤振る舞いをしている。
他にも東京から攻めず、ウーバーなどの手が回っていない地方都市のシェア獲得に走る企業も現れ更に熾烈な争いになりそうだ。
消費者は、新規参入企業のクーポンを上手く利用して食費を節約すると面白い。

配達という特性上、地域でセグメント分けをされそれぞれの地域でどの商品が(和洋中)どれ程の価格帯で購入されるのかといった貴重なデータも収集できるため今後事業の幅も広がりそうだ。

ただ、日本はアメリカなどと異なり人口密度が高くほとんどの地域では数分歩けば飲食店あるいはコンビニがあるためコロナのような外出に躊躇いを感じる状況から抜け出した際に20年のような広がりを見せるかは微妙だと個人的に感じる。
人気 Picker
こうしてフードデリバリーが盛り上がってくると、Uber Eatsのような宅配機能だけではなく、ゴーストキッチンの運営を支えるサービス(注文管理だとか、材料発注だとか、食材在庫・メニュー管理だとか)の機能提供をする事業者も増えてきそう。
ゴースト「レストラン」とは言いますが、この領域はむしろ製造業。そこに特化したビジネスモデルを作り、エリア販売権という形で全国展開を狙う企業も増えているのも昨年辺りからの新しい特徴です。
店舗ごとに配達できる地域が限られているのもデリバリーサービスの面白いところで、地域ごとにどんな属性の人が住み、何を好み、何円で買うかのデータが手に入るのはとても貴重。最近では特定のお客様に向けたデータドリブンな尖った飲食店も出てきています。

UBER EATS上だと商品がコモディティーに近くなってしまっているものの、未来のプラットフォームは地域ごとに食の多様性に富んだものになってるかもしれないですね。
全国に拡大するのは何も「料理」宅配に止まらない可能性があります。「料理宅配」を入口に、ギグワーカー配達員を全国にインフラとしてつくることにも繋がります。これによって、「料理」以外の宅配にもサービスとしては拡大します。例えば、コンビニや雑貨店などの購入代行はその一例です。すでにウーバーもそれはスタートしてますね。あと配達員が増加することによる、周辺サービスの成長でしょうか。例えばドコモバイクシェアの成長はその一例ですね。全く新しい市場が日本に生まれてくるのを楽しみです!ワクワクしますね!
配達員の健康を守り、走行マナーを徹底させる。ウーバーにはお金儲けの前に、無謀な自転車運転をしないよう徹底させてもらわなければなりませんね。歩道ではどこまで行っても歩行者優先です。警察は自転車の取り締まりを徹底すべきです。駐輪マナーもね。
このコロナ禍で、外食業態から中食業態に業態変更するところも増えてきています。また、以前ベーカリーを運営されている方に聞いたのですが、これまでウーバーではあまり注文が活発ではなかった「パン」もコロナ以降で注文が増えてきているそうです。これまでデリバリーされづらかったジャンルも需要が増えているように感じます。

テイクアウトやデリバリーに特化した業態変更と、それに対応したサービスを一通り導入して、自店舗に合うものを残すというやり方が増えているので、対象エリアが拡大することで、飲食店側に「とりあえず最初に入れるツール」としての認知されるのは大きいと思いました。
ウーバーイーツジャパンが2021年中にもサービス地域を全国に広げるというニュース「ウーバーイーツは東京や大阪など33都道府県に進出しているが、広域で利用が見込めるとして年内に他の地域でもサービスを始める」
マクドナルドがデリバリーを全国展開。
地方の店舗を想定すると、自転車ではなく、少なくともバイク、そして自動車でのデリバリーがいよいよ本格化していきますね。

>日本マクドナルドホールディングス(HD)は現在約1500店と全店舗の5割で展開している宅配の対象地域を年内に全国に広げる。自社では対応できない店舗が多いため、ウーバーなどの代行サービスを活用する。