新着Pick
252Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
たくさんPickしていただき、ありがとうございます。拙著の発売記念にプロティアンキャリアのタナケン先生とクラブハウスで対談させていただきました。
「おじさん」とは「変化を拒む人」の総称で、属性や性別ではないのです。働き方改革、ダイバーシティなど、組織の変化を促す仕組みは全てこの層の反対にあって進まなかった。しかしコロナでついに「岩盤」が押し流された。本来なら「おじさん」も多様なはず。企業戦士の重い鎧を脱いで一緒に変化していきましょうという思いを込めて書いた本です。
働かない人のおかげで会社が成り立っている。余計な事されたら元も子もない。
組織のマネジメントの最も重要なことは、組織の活動を破壊しかねない行動を起こすメンバーに(すくなくとも必要な時がくるまでは)いかに余計なことをさせないか。重要な局面にあわせて2割の人材を動かし運営するというのが組織というもの。
煽りっぽくてあまり好きではないのですが、企業が作り出しているのはその通りかなと。ただ働いているおじさんも多いですけどね、若手よりもキャリア意識高くて知的好奇心が旺盛な人も沢山いる。結局個人の問題な部分も。働かないおじさんをどうするかはある意味単純で、評価のKPI変えりゃいいだけです。年功序列も変えりゃいい。それが出来ていないからおじさんつけあがるし、若者嫌になる。
日本が高度成長を遂げた時代。社会の課題や企業の課題はすべて見えていた。因果関係の分かった課題を解けばよかった。ロジカルシンキング、PDCAが重要なプロセスだった。消耗戦で闘い、QCDが価値だった。そんな時代のやり口が日本企業の文化になり、それに染まった価値観で人材が教育された。

指示されたこと、マニュアルに書いてあることを緻密に正確に処理する、いわゆる「作業」を行うために働いているし、本人も作業で忙しい自分に酔っていた。それが誇りだった。

そんな時代は既に終わった。解かなければならない課題も分かりにくく、方程式もマニュアルもない。見えない課題に闘いを挑まなければならなくなった。正解のないことに挑戦しなければならないし、0から構想しなければならないし、やってみなければ分からない因果関係もない試行錯誤、リーンスタートアップが新しいやり口だし、デザインシンキングでなければ真のニーズはわからないし、コンパクトな機動戦で道を拓くしかない。即ち「創造」がやるべきことになった。それができないから、日本企業の多くは競争力を失った。

昔の文化で育てられた人たちの多くは、残念ながらシフトできないし、そもそも時代の変化に気付いてもいない。おじさんを批判すべきではない。今の若手だって、昔の価値観の上司に育てられたら、今の時代に通用しない人材になってしまう。必要な人材像が変わったことを理解すべきで、それに気付いた人が自らを変革するよう努力するしかない。もちろん、企業は採用、育成の手法を大胆に変えていく必要がある。それができなければ、クリエイティビティが勝敗を分ける時代に生き残っていけない。
なるほど、こういう視点は面白いですね。
言い得て妙。
ただ、それを踏まえても、むくわれてはいけない存在かと。変化について行き、成果を残してる人が相対的に馬鹿を見てます

> 「働かないおじさん」というのは「変化を拒む人」という意味の比喩
関連記事一覧
"アジャイルマネジメント"がいかに職場を変えるのか
ZDNet Japan
5Picks

あなたの同僚は「孤独」を感じていませんか? 職場の孤独は現代的な組織の弊害 | 仲間意識を育むために必要なこと
クーリエ・ジャポン
4Picks

職場のストレスが与える生理学的、心理的影響
医療従事者KeiSのブログ
4Picks

コロナ禍で不可逆的に変化するマーケティングイベント
CNET Japan
4Picks

職場に閉塞感を感じる人にすすめたい、斬新すぎる「プロボノ」活用法 - 社会貢献だけが目的ではない
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
3Picks

上司の新入社員の扱い方を見て職場の20代は評価をしている
上司の新入社員の扱い方を見て職場の20代は評価をしている|OCEANS オーシャンズウェブ
2Picks

<新型コロナ>埼玉で変異ウイルスクラスターが発生 職場から広がり全員入院中:東京新聞 TOKYO Web
東京新聞 TOKYO Web
2Picks

いまだに「在宅勤務は"ワケアリ社員"向け」と思い込む昭和な職場の大誤解 - PRESIDENT Online
BLOGOS - 最新記事
2Picks

「カルト2世問題」か、それとも「宗教2世問題」か。<NHK特集から見える第三者にとっての課題(2)>
ハーバー・ビジネス・オンライン/最前線ビジネスパーソンの『知りたい』に応えるビジネスメディア
2Picks

「私は職場で浮いている?」そう感じた時の思考改革(毎日新聞)
Yahoo!ニュース
2Picks