新着Pick
1122Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ニュースピックスらしいわかりやすい記事に仕上げてきてくれている。
アシユトンカツチヤーなんてこんな儲け方をしていたんだ。

でもエクイティかキャッシュかと言う選択は、マーケットが上向きか下向きかで全然違う気がするけど。
その意味では猫も杓子もエクイティに群がってきていると言う、いわゆるバブルブームの様子も見ておかないといけないだろう。

セレブリティーの中でいろんな人の名前があがっているが、ファンドをしっかり設立している人とそうでない人とではやはり大きな違いがあると思う。つまりプロの目利きやリスク管理の手法を取り入れているかどうかと言うことだ。
人気 Picker
日本人は、この金持ち(rich)と富裕(wealthy)の違いを、もっとも学ぶべき国民に思います。なぜなら芸能人にとってのみならず、いまだの多くの人が、現金主義の世界から出てこないからです。

スポティファイ、ウーバー、Airbnb、ロビンフッドーー。この共通点は何かというと、俳優のアシュトンカッチャーが初期から目を付けて、スタートアップ投資をしていた銘柄です。2010年以降、キャッシュを稼ぎまくる米国の有名人たちは、プロの金融業を学び、スタートアップ投資に本格的に入り込んでいます。

とりわけSpotifyやClubhouseといったプラットフォームが、戦略的にセレブレティたちに株の投資枠をもたせて、そのビジネスをブーストした経緯などは興味深い。エンタメ産業とテック産業が、いかに交差したのかという、深いテーマが背後には流れています。

セレブが何をVC(ベンチャーキャピタル)から学んだのか、最先端のレポートをご一読ください。
よくアメリカで飛行機に乗ると配られる「Popchips」。手軽に食べれて美味しいのですが、この会社に俳優のアシュトン・カッチャーが2012年に投資した(CMにも起用された)と知って、当時は「へー、何でお菓子会社に投資したんだろう」、くらいに思っていました。

それが実は、シリコンバレーとハリウッドを繋ぐ「富の増やし方」のトレンドの走りだったとはその時は全く分かりませんでした。

アシュトン・カッチャーが2010年に設立した「A -Grade Investments」はスポティファイや、Aibnbnなどに投資し、3000万ドルの資金をこれまでに2億5000万ドル、(約7倍!)に増やしているそうです。

さらには、2012年にSound Venturesという別のVCファームも立ち上げています。とにかくすごい。もはやVCで「俳優もやっていた」、という立ち位置になっています。

セレブの名声をどううまく使っていくのか?彼らが今までと違った使い道の可能性に目覚めたことは、一般の人たちにとって「投資」を身近なものにしました。

ロビンフッドなどのモバイル投資に若い人たちが盛んに流入している背景の理由の一つには、こういった俳優やアイドル、スポーツ選手の投資話が身の周りで普通になってきたこともあるのではないかと感じています。
日本だとVC産業と他産業の連携はなかなかイメージが湧きませんが、今後の連携イメージとしてはとても面白いですね。

記事の中でも触れられていますが、多くのセレブがファンドを組成し、その道のプロと連携しているのは大変重要な点です。

セレブが顧客を紹介したり、ビジネスをサポートするという結構しっかりしたケースもあれば、スタートアップのイベントにゲスト出演するというライトなケースも結構あったりします。以前某フィンテック企業のイベントにいったら、スヌープ・ドッグがゲスト出演してるということがありました。※彼もCASA VERDE Capitalというファンドを組成しています
面白い記事でした。
この流れは日本のエンターテイメント業界にも少しずつ入ってきている様に思います。
ただ、日本の芸能界はタレントと事務所との関係性、彼らの収入はCMなどの企業広告の割合が多いこと、日本的な投資に関する価値観から米国よりレピュテーションを気にしなければならないため、独立したタレントさんやユーチューバーなどのインフルエンサーが中心になってこの流れを作っていくのかと思います。ヒカキンさんがUUUMの大株主なのは有名ですね。
こういった活動ができないタレントさんたちにとっては、これまで同様不動産投資が所得税の圧縮効果が高く一番良い投資ではないでしょうか。
Clubhouseを楽しそうに使っているアメリカの芸能人や投資家が多い理由がよく分かった。つまり、究極の我田引水なんだな。パッと見は分からないけども。自分たちが投資したプラットフォームを魅力的に見せるために自分たちがスポークスマンとして宣伝しているわけだ。

なので、日本でのいきなりのヒットには驚いたことだろう。
日本のスタートアップ関係者や芸能人は「話題のSNSだから、Youtubeみたいに乗り遅れないようにしなきゃ」となったんだろうが、そもそも論で双方の思惑は全くずれているんだな。
日本では早くも飽きが、とか言っているが、プラットフォームとして長く活用しようとするのは米国か、日本かと言えば、もはや自明だろう。

過去にはテックによって、音楽は剽窃され続けてきた。特にナップスターの登場は大きな脅威だったはずだ。音楽を作るクリエイターやアーティストからすれば、権利関係無しに違法アップロードされるmp3は恐怖の存在だったし、今でも多少、その片鱗はある。しかし、Appleが分け入っていってU2などとうまくコラボしていくことで、iTunesという有料での音源販売モデルを見事に成功させた。しかし、iTunesですら、プラットフォームとしては成功したが、音楽業界から見れば、傲慢なプラットフォーマーに見えていたということか。確かにジョブズらも「タダよりはいいよね」という話の展開の仕方をしていた。
そう解釈すれば、Spotifyにジャスティンビーバーが投資するのもうなずけるし、投資したプラットフォームをうまく有効活用して、投資先を成功させる、というのもまた戦略なのだな。

米国の有名人のムーブには投資が背景にあると考えれば色々理解できると。
確かにセレブリティの資金力とコネクションがあれば、投資家としての価値は出せそうです。a16zの様なパートナーが分業するタイプのファームでは特にハマりそうです。ただ、当然GPよりもLPとして投資に参加するというケースがほとんどだと思いますし、ましてリード投資家を務める様なケースは稀だろうと想像します。

個人資産での投資は自由だし、エンタメ分野での投資家としての強みはあるんでしょうが、シャキール・オニールがSPACを設立したという所までくると、行き過ぎかなという気はします。ニコラの様な例外はありますが、SPACでの上場は、既にある程度出来上がったビジネスをターゲットにするべきで、事業評価が勝負であるはずなので。
https://www.forbes.com/sites/korihale/2020/10/20/shaq-moves-into-spacs-with-former-disney-execs--mlk-jrs-son/?sh=19d45f106c77

ただ、アメリカは色んな分野での金持ちが多くて、リスク投資に回るお金の量が圧倒的で、失敗もあれど、どんどん循環していくのは、他の国には真似出来ない所だと感じます。
リード投資先でここに登場するラッパーNasに投資してもらった会社がありますが別に何をしてくれるわけでも、いいことがあるわけでも特段ありません。一般にセレブ投資家が投資したからといって特段に何かいちエンジェル投資家として以上にスタートアップにベネフィットがあるかというとあまりそういう印象はありません。
さすが個人事業主、独立のプロフェッショナルというのが前提のアメリカだと感じました。あくまで個人商店で、仕事を獲得したりサポートしたりするためにエージェントを雇うのが基本。逆に日本だと芸能人は芸能事務所に、アーティストはプロダクションに、プロスポーツ選手もチームに所属するサラリーマンという要素が強く、個人が対等にギャラの交渉をするという考え方は浸透していないですね。直近の話だと渡辺直美がアメリカ移住をして新たに2社とエージェント契約をして仕事を取ろうとしている一方で、従来から所属していた吉本興業はそのまま、という例が象徴的。日本でも各界で独立する人が増えてきているので徐々にアメリカ型に移行していくんでしょうね
賢い、とかそういう次元じゃないですね。資本主義ではどういう戦い方をすれば良いか、が文化として染み付いているようです。いわゆる黄金の羽の拾い方や金持ち父さん、の世界をそのまま生きている感じ。
"「やあ、俺たちは次世代のプラットフォームになるんだ。君たちも株を持たないか?」と誘いました。
それに乗ったのがジャスティン・ビーバーであり、ラッパーのDiddyであり、彼らはスポティファイが上場する前から、株式を保有していたのです"
ハリウッドとシリコンバレーの歴史、知らなくてとても面白い!
以前、東工大柳瀬先生が社内で講演してくださったことがあり、そこでメディアの歴史を紐解きながら、ハードウェアとプラットフォームがコンテンツを定義するということをおっしゃられていて、ものすごくハラオチした。活版印刷による聖書、また新聞は中国が先に作っていたが漢字は個数が多いのに対してアルファベットは少ないから先に普及したり、その後のラジオ、テレビ、ネットもそう。
コンテンツ自体ではないが、コンテンツ価値はテクノロジーが規定している。一方、コンテンツ自体ではないからこそ、コンテンツとの両輪が必要ともいえる。とはいえ技術があればコンテンツが広がるのであれば自然拡大的に使われるのが歴史。

そのなかでその進化を加速させるために、エクイティでというのがより一般的になってきたように見える。
一方、エクイティは持続的。これだけテクノロジーで色々なプラットフォームが出てきたときに、それをプロモーションしつづけるコミットメントなどとのバランスは今後問われるようになるかもしれない。
この連載について
新しい産業をつくりだす黒子であるベンチャーキャピタル。米国で16兆円を超える、スタートアップ投資の仕組みと最先端を徹底取材する。