新着Pick
666Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
真夜中のドアがSpotifyで解禁されたからバズったという論調なのですが、これはちょっと違うかなと思います。実際、バズったきっかけは、インドネシアのミュージシャンのレイニッチがYoutubeの動画に上げたのがきっかけで、アメリカと東南アジアでまずバズって、そこから更にSpotifyとTikitokで拡散したという流れです。そもそも真夜中のドアはシティポップ界隈では、昔から定番曲の一つでした。
https://www.youtube.com/watch?v=DHm9diEKlC0&feature=emb_title

この手のシティポップブームは別にバズを目的に拡散した訳ではなく、韓国や東南アジア、アメリカ、ドイツ辺りのクラブで10年前ぐらいからずっと文化として定着して、それがここ2-3年で表に出てきたという感じです。

今月、大瀧詠一もSpotifyで解禁されますので、このブームは更に拡大すると思います。ポイントなのは、コアな音楽ファンが世界中に居て、その人達が良いモノであれば、きっちりファンになってくれるということです。

なので、ビジネスを目的にやると絶対外します。昔のシティポップのレコードはどれもクオリティが高いので、現在のミュージシャンがやる場合は気合入れてやらないとあのクオリティは出せません。
真夜中のドアのバックバンドのクレジット見ると分かりますが、当時の超一流のミュージシャンなんですよ。逆に言うと、いかに昔の日本にお金があったかということが分かります。

【追記】
真夜中のドアの件は色々な記事が出てますが、韓国在住のDJ長谷川さんのコメントが一番リソースとして信頼できると思います。ネット発のバズに一瞬見えますが、実際は、クラブ現場での熱が土台にあったと見るのが正しいと思います。
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/95073/2
人気 Picker
いかに自分たちのコンテンツが消費してもらうか、政府や企業がコントロールするのは間違いである。この記事を読めば、それが痛いほど納得できます。

1979年に生まれたシティ・ポップが、今回はYouTubeではなく、TikTok発で世界的にバズり、ほかのサブジャンルを含め、ここまで日本のコンテンツが新たな命を吹き込まれる時代。世界に打って出ていくには、とてつもない可能性があります。
時代超えたロングテール


エモーショナルなサビが特徴的な1979年のデビュー曲『真夜中のドア〜stay with me』で日本でヒットを記録したシンガー・ソングライターだ。

2010年代後半に、YouTube上で日本のシティポップに世界的な注目が集まったことで、この楽曲もネット上で再発見されていたものの、竹内まりやの『Plastic Love』という世界的なバイラルヒットと比べると、取るに足らないレベルだった。
しかし、その後、松原の全曲がSpotifyなどのサブスクで公開されると、2020年12月には、ネット上でのミームとなって電撃的に拡散し始めた。
TikTokでよく流れてくる音楽が、実は3,4年前に配信されたニコニコ動画やネトゲ発の曲、みたいなことがあって最初はびっくりしましたが、今はそういう発見も楽しいです。
若者やギャル、海外の人までがニコニコやボカロで踊ったりリップシンクしているカオス状態なので、どの曲がどんなカタチでバズってもおかしくないなと思います
真夜中のドアについては本記事ご参照のこと
https://newspicks.com/news/5407171
ヒットの法則、と一括りに出来るものではなく、ヒットの源泉はどこにあるか分かりませんよ、という話。まずプラットフォームとしてTikTokが流行るとはあまり思ってなかったが、ここまで日常に浸透するサービスとなった。そう考えると何が流行るか分からない時代はまだまだ続き、数を打てば当たる、ではないが、ある程度絨毯爆撃的にアプローチするのが正解なのだろうと思います。
バイラル・ヒットという言葉あるんですね。流行りそう。

大塚愛。charlidamelio。
エモーショナルな波動をどう捉えるか、TikTokをウォッチしていれば、それがわかるということですね。
ユーザーが勝手に育ててくれるサービスってかなり強いなと感じるのですが、TikTokは誰でも手軽にクリエイト出来るのがいいですよね。
Instagramより自由度は高く、youtubeよりは作成の敷居が低い。
>今や、どんなメディアであっても、ヒットの鍵は、アクセスを容易にして、人に届くようにすることにある。
完全に同意です。今や優秀なプロデューサーによってヒットを創造することが非常に難しくなったと思います。コンテンツに意味や理由を求めることが難しい時代。音楽を創っている身としては、楽しい半面、大変な時代です。
この連載について
日本のポップカルチャーが覚醒し始めた。実は、アニメや音楽など、日本カルチャーは、主に日本人の知らないところで「発見」され、強固なファンを生んでいる。クールジャパンなど、政府主導の取り組みの外側で。その最前線をお届けする。