新着Pick
15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スウェーデン、オーストラリア、メキシコなどではBNPL(Buy Now, Pay Later:後払い)が最も多く使われているキャッシュレス決済手段になっています。

なぜなんだろう??とずっと気になっているものの、なかなか納得のいく理由が解明できなくて、いまだにモヤモヤしています。

ある調査によると、BNPLが使われる理由は3つあって
1)クレジットカードでかかる金利の支払いはイヤだ
2)カード限度額にひっかかったけど欲しいから後払いで買う
3)信用調査なしでお金を借りられる
とのこと。

なるほど!と感じるも、実際には
1)後払い手数料はかかるし、
3)そんなわけなくて、独自の信用調査はしており、
消費者が勘違いしているところがまた興味深いです。

加盟店側の事情として、クレジットカードの加盟店手数料が高すぎるとの不満は絶えずあって、クレカのようにインターチェンジフィーがかからず安くなり得るBNPLは魅力的な決済手段のようです。

なぜBNPLがそこまでホットなのか知りたいです♪

あ。もしかして、欧米ではデビッドカードが主流でクレジットカードも分割払いかリボ払いだから、BNPLが新鮮なのかなあ。
後払い決済サービスを提供するスウェーデン発Klarna、310億ドルの評価で欧州FinTechで最大額を更新。。!

高い評価額の根拠は、US市場に対する進捗率。USで約9000万人のユーザーを抱えており、2021年末までに最大の市場としてドイツを追い抜く。ワイヤーカードの破綻も同社にとってはプラスになってるのでしょうか。

小売アパレル店H&M、Macy's(既存投資家でもあります)のオンライン買い物で後払いサービスを提供し市場をカバー。

VCはセコイアがシリーズBから出資。IVP、Atomico、Silver Lakeなどの投資家も入っています。
クラーナは百貨店のメイシーズの衣類から、オンラインマーケットプレイスのEtsyの小物まで、あらゆるアイテムを分割払いで購入可能にし、クレジットカードを置き換える決済サービスとして人気を博している