新着Pick
411Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは面白い!Always onで行動をターゲットできるのが一番やりたいことですから、それにかなり近づいています。Cookie使わないので個人情報とのリンクも弱めなののもよい。
個人の属性ではなく、行動の集積データに基づいて行動をターゲットして行けるようになれば、マーケティングにおける不都合である個人情報…ことに本人の属性や個人が特定できる形でのトラジェクトリーな行動履歴に基づいて広告を打つ必要がなくなる可能性もあるので、方向性としても素晴らしいと思います。
どのくらいの精度かは気になりますが、
凄い興味深いですね。広がって欲しいですね。

それと同時に「デジタルに弱い電通」
というブランドを払拭して欲しいです。。。
これはまちづくりの観点から見ても面白い取り組み。訪れた先でなにかをつぶやくことで、それに対応した広告が出てくる仕組みは、観光客にはありがたい情報提供につながる可能性がある。この技術を使ってまち全体が巨大なアレクサになるようなイメージで新しい展開が可能になるのではないか?
これからのデータ活用のポイントはCXの劇的向上。そのためのキーワードが”リアルタイム”と”One to One”になるのですが、これはどちらも満たしており、とても可能性を感じます。

「今の私に合わせたアドバイスをしてくれる」
そんなサービスを提供していければ、成功しそうな気がします。
リアルタイムでアクティブかつニーズにマッチした広告配信というのは、一番ホットなタイミングで広告配信できるということで、新しい付加価値。

一方で配信数、いわば広告在庫をどれだけ確保できるかが課題となりそう。仮に広告精度が高ければ、通常の広告単価よりも上げることができそうなものの、実際の生活者の行動変容をどこまで促せるか(つまり結局CPAいくらなの?)という点は広告主は気にするのではないだろうか。

とはいえサードパーティデータを中心にCookie情報の利用に制限がかかり、オンライン広告在庫の低減は不可避なので、こうした取り組みは素晴らしいと思うし、これまでのプッシュ感の強かった広告よりも生活者のエクスペリエンスは向上しそう。

Ad Techもこれからまだまだ進化しそうで楽しみ。
SNS投稿には、未来(願望)と、過去が。

過去のキーワードに反応されると煩わしいですが、どんなアルゴリズムなのか、是非体験して勉強してみたいですね。

人の関心、人のネクストアクションを創造する技術は、益々求められて来ると思います。是非、嫌気を蒸留しないで欲しいです。


「焼肉、1万年分食べた! もう要らない」
『焼肉エンペラーの、こってりカルビを どうぞ』

「念願のドンブランの万年筆、やる気スイッチON」
『パーキーの万年筆、滑らかな書き味を 四越 8Fの...」
『シマウマのシャープペンシル』
『消えるボールペンはビジネスマンの...」
「もう文房具はいいって」
『トプラの名前テープセール中』
『高級文具フェア ドンブランの万年筆...』

キーワードブロック
キーワードブロック
キーワードブロック
ブロック
ブロック
ブロック...ふぅ

「ブロックマシーン なう」
『広告ブロックアプリはこちら』
いいね! インストールしてみよう

--
監視カメラ(音声)→ダイナミック陳列
SNS→街路やショップのテレビ
彼女の投稿→彼氏のSNS

こういう、離れたメディアへの転送が、良いと思います
趣味嗜好とかではなく時間軸でターゲティングするというのはかなり面白い。
ダイナミックプライシングとも相性がよさそうですね。
今近くで開催予定のスポーツ観戦のチケット安くなってるから、この瞬間に購入するならかなりお得ですよ、みたいな訴求とかはありそう。
確かにCTRは高くなりそうなターゲティング広告商品ですね。クッキーにも依存しないし個人情報を特定するわけでもないので方向性として、AIによるリコメンデーションに近い感覚だと思います。位置情報も組み合わせると更に精度が上がりそうですが。
この仕組みが生かせれば街中のデジタルサイネージに広告を出す、等も容易に出来そう。Twitterとどう連動させたのか気になる。
ドロリッチなう のCM版か。ちがうか。
ドロリッチなう してぇ。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
4.58 兆円

業績