新着Pick
391Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
なぜ?を自身の言葉で説明できるようになるまでは、自らの発意で行動を起こすことはない。誰かの指示や誰かの真似をしているだけである。ある意味、"正解"という軸が与えられた状態である。顧客ニーズの多様化や深化が激しくなると、仕事を遂行していく際のガイド=マニュアルは限界を迎える…。ものづくり企業と異なり、全部ではないが、コト=サービスを提供する企業においては、マニュアルの形骸化が加速する。トリセツ的なマニュアルは、"不連続"な状態が日常化した現代においては、存在価値を見出すことは難しく、位置づけを刷新しなければならない。"変化すること"を前提に、"基軸"となるものだけを明記し、それ以外は空白。その空白を、自らが考えて埋めていく活動を促すことがこれからのマニュアルに求められると思う。"敢えての余白"を設けることは、WHYを考えるアクショントリガーになる。何でも与え過ぎてはいけない…優し過ぎる対応は、その人の為になっているとは限らないことを正しく認識したい。
人気 Picker
コーチングありきの素材として語られているので、マイクロソフトとアップルの企業理念の背景を知っていると少し疑問に思います。
Appleは誕生から現在に至るまでBtoCの会社で、DTPと教育市場のクリエイティブ分野が得意です。
MSはエンタープライズがメインターゲットなので、市場を独占するのが企業理念でした。
なのでそもそも考え方が違うし、ユーザもマーケットも異なる。(Appleはプロダクトがコアで、MSはクラウドとソフトがコア)
わかりやすくいうと、Appleは全く競合する製品への怒り方は尋常ではありません。

https://japan.cnet.com/article/35015941/

https://japan.cnet.com/article/35048043/
なぜ〇〇をするのか?

仕事に限らず人生において、
そこに拘りがなければつまらない。
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
231 兆円

業績