新着Pick
420Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これが普段私が、シェアエコと皆が思っている企業は(少なくともその事業の大きな割合は)そうではない、という理由です。Uberのかなりな割合が新車やレンタカーで職業としてドライバーをやっているという事に通じます。

「総計1万件以上の物件をAirbnbに掲載しているホスト数百人が、Airbnbに対する法的措置を求めている」のだから、一人で数十件の物件をAirB上で運営している、つまりプロとしてそれで生計を立てている、だから吹っ飛んだ売上が甚大ゆえ訴えているのです。
AriBがもともと謳っていた、自宅の空き室を貸すとか、外国人との交流云々とはおおよそ無関係の、単なる宿泊業という事になるでしょう。

とはいえ同社は色々苦難を経て ーー昨年5月、「家に人を招いて経験を提供する人々」に焦点を当てることで「私たちのルーツに戻る」という方針を発表したーー との事ゆえ、今後の推移を見たい。
ただ重要な事は、プロだから宿泊業だから悪いとか良いとかの議論では無く、実態に即した議論をすべきという意味です。

---------物件を1件しか所有していないホストが管理する物件は、Airbnbの登録物件全体のわずか37%だった。
登録された物件の約半分は、複数(2~20件)の物件を所有するホストによって管理され、14%は21件以上を所有するホストによって管理されていた
大幅なコスト削減に成功してIPOしたAirbnbですが、ホストのケアまで手が回っていなかったということでしょうか。一般に参入障壁が低いと言われる仲介ビジネスの難しさを改めて浮き彫りにしてくれたように思います。
IPOの目論見書は、ホストのビジュアルからはじまり、なぜ創業に至ったのかがストーリーとして大事にされていました。

多くの供給が、ビジネスホストによって賄われているのは事実で、それなくして今の会社価値を、今、正当化することはできないとは思います。

しかし、これ大事にした先が見てみたいです。

-------

Airbnbは昨年5月、「家に人を招いて経験を提供する人々」に焦点を当てることで「私たちのルーツに戻る」という方針を発表した。
D2C(ダイレクト2コンシューマー)の流れは、Eコマースだけでなく民泊にもきている。プラットフォーマーは、マッチングする両者のメリットを考えなければならないことがよく分かります。離反者が増えれば、魅力的な案件がなくなって、使われなくなってしまう。
パンデミックでもキャンセル不可とか生活かかってるから泊まりに来いというようなホストのところには行きたくないっすけどね。あと何十件も物件を持って宿泊業を運営するのはAirBnBのそもそもの既存低稼働資産を活用する本来の趣旨と外れているよね。それで損失出したなどと言われても全く同情する気にならない。
旅をする過程でその土地ならではのローカルな体験をしてみたい。

そんな旅行客の望む、ホストとの触れ合い体験を提供することに徹するのがエアビーのミッションそのものであり、だからプロの民泊業者を排除する。

それはドライで冷徹に見えますが、やらないことを決めるのが戦略。企業のミッションに根ざした戦略としてはアリだと思うんですね。ただ、やり方がまずかったということでしょう。

もっと心の通った丁寧な説明、誠実な対応が必要でした。

ユーザー獲得のためのコストをドカンとかけてユーザー拡大に成功した、オンラインを主戦場としてきたプラットフォーマーはこういう点でガサツなところがあることは否めません。
直接予約の流れは宿泊に限らずプラットフォームがある領域では必ず議論になる話ですね。プラットフォーム側からすると、粛々と利用者満足度を高め続け、流通総額を大きくして送客力を高め続けねばです。
>「Airbnbはホストを大切にすると言う割に、あらゆることがゲスト有利になっています」とルオンゴは言う。

お客様は神様です、と考える日本的な発想ですね。
すべて儲かっていれば問題なかったんですが、コロナ禍で旅行が、ストップしたことで不満・不備が明らかになった事例の一つと言えそうです。
全てのホストがこれができないからこそ、Airbの存在意義があるということかと。
>Airbnbを迂回して、ゲストから直に予約をとろうとしているホストもいる