新着Pick
233Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
まさか、また富士通? 東京証券取引所のシステムダウンの記憶もさめない中で。犯人捜しに走るとロクなことにならないんだけれど。4月の全銀協会長の記者会見も大変そうだし。
人気 Picker
まずは復旧できてよかった。システム障害の原因は定期預金のバージョンアップ。システムの問題というより、人的ミスですね。
システム障害の因果関係は必ずあるはず。それをどれだけ早く見つけて対応できるかがポイントです。

テスト環境で予行演習していなかったのかな?運用の見直しが必要ですね。
結果的に日曜日だったのが不幸中の幸い。平日だったら、システム障害の影響はさらに多方面に及んだはず
一晩での復旧作業、大変だったことと思います。
何とか平日の業務稼働に間に合ってよかったところですね。

この手の障害、一度だけで顧客離脱要因には流石になかなかならないのではないかと思う。ただでさえ銀行口座はスイッチングコストがかなり大きいので。

しかし、近いうちに二度三度も続くと危ない。
一度の障害なら「想定外の出来事」と受け取られることも、複数回発生すると「低品質だから日常的に起こること」になってしまうので。

少なくとも向こう1年は、ATM障害がないことを願うのみ。
きのう、システム障害が発生し利用できなくなっていたみずほのATM。昨日中に復旧作業がおわり、本日は通常通り稼働させる予定とのこと。月末が土日になり、本日から3月というタイミングなので、復旧したことがまず何より良かった。
個々の取引が通帳に記帳されたがどうかは、みずほ銀行では分かるそうだが、今回のカード・通帳が「飲み込まれた」ことは記録に残ってるのだろうか?

異常を感知したら、処理を停止し、「吐き出す」のではなく、カード・通帳を「飲み込み」返さず、ロックダウンするという、システムコンセプトが、みずほ銀行らしい。

これで、通帳発行を有料化するというのだからいやはやだ。
こういうニュースをきちんと技術的に解説したり、解決できるといいなといつも思います。セキュリティなど色んな事情があるので難しいところもありますが、情報開示も少ないし、技術的な推察、解説も少なすぎるかと。ただのスキャンダルとして報道しちゃうと無意味ですね。
ATM1台毎に復旧作業をしなければいけないというのは何とも…
支店外はまだみたいですね。
株式会社みずほフィナンシャルグループ(英語: Mizuho Financial Group, Inc.、略称:MHFG)は、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
3.89 兆円

業績

日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア