新着Pick

中国の2月景況感、50.6 春節の連休影響、3カ月続落

共同通信
中国の2月景況感、50.6 【北京共同】中国国家統計局と中国物流購買連合会は28日、景況感を示す製造業購買担当者指数(PMI)が...
21Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
2月は久方ぶりに日本の製造業PMIが中国を上回りました。
一方で、日本の非製造業PMIは大きく50を下回ってますので、内需が厳しいことに変わりありませんが。
人気 Picker
米国による経済制裁等の経済的圧力やコロナ禍の影響によって経済状態が悪化した中国は、他国でも見られるように、特定の外国に対する経済依存度が高まり過ぎることの脆弱性を認識し、国内経済循環を主とする「双循環」というコンセプトを掲げています。
中国の経済が継続して発展できるかどうかは、国内経済状況にかかっているとも言えます。中国の景況感は今後とも注目しなければなりません。中国国内の経済に対する感覚によっては、習近平主席の権威に影響が及ぶかもしれません。
2022年には、習近平氏が、実質的中国のトップである共産党中央委員会総書記の3期目がかかった20回党大会が開かれます。2021年は、習近平氏にとっても、必ず経済状況を良くして支持を得なければならない、重要な年なのです。