新着Pick

中国「千人計画」、日本人研究者らに論文ノルマ…「著名な科学誌に2本」要求

読売新聞
海外から優秀な研究者を集める中国の人材招致プロジェクト「千人計画」を巡り、中国側が同計画に参加した日本人研究者らに論文執筆のノルマを課していたことがわかった。特に「ネイチャー」「サイエンス」など世界的に著名な科学誌への
83Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
論文のノルマ、が誰から課されるかというと、直接の所属先である大学や教育省ですが、今は世界中で見られることですね。
 米国やヨーロッパでもあります。中国でも「千人計画」であるとか外国人であるとかに関係なく、ほぼ全ての大学教員にノルマが課されています。雇用契約が1年単位になっていて、毎年ノルマを達成したかチェックされて、業績によって給与が上下し、解雇されるところもあります。昇進にはノルマを達成し続けることが必須です。
 シンガポールの大学はノルマの要求が際立って厳しいし、マレーシアくらいの国でも、大学教員はノルマの達成のために血眼になっています。個人の雇用や給与だけではなく、国から配分される大学全体の予算も、ノルマの達成率で決まるので、大学の学長以下、学部長なども、教員に圧力をかけ続けて論文を書かせようとします。
 日本は、そういった国々と比べて、際立って研究のノルマの要求が少ない、とはいえます。給与に多少反映されるところはありますが、終身雇用になれば、論文を書かなかったから解雇、ということはできなくなります。
 もっとも、とにかく圧力をかけ続けて論文の数を増やすのがそんなにいいことなのかは、疑問の余地があります。知人のオックスフォード大学の教授も、「シンガポール国立大学で働いていた時はつらかった」と言っていましたが、本当に傑出した研究者であれば、放っておいてもどんどん研究します。そうではない人の方が多いというのはそうですが。
ノルマは中国人教員の方々にもありますねぇ 年間2ー3論文は、ワタシの知る範囲のメリケン大tier1工学部のtenure evaluation の minimum バーと大体一致しますねぇ、就職後5.5年間で12ー15 papers、そのうちtier1ジャーナルが8-10ぐらいの感じなので

あと中国大所属著者の論文の引用にも要請 (要求でなければ) があると思いますねぇ コレ、共著論文を出した事があられる方なら、実感なさってると思います

コレ↓はマズイですねぇ、本当なら マズイのは研究者ご自身ですが

「教授は「データはまるまる他国での研究で得たものでも、中国の大学名で論文を発表する研究者は多く、中国の論文数の多さに反映されていると思う」と語った。」

その先は読めませんでした
そもそも研究に計画やノルマがあるのは当たり前で嫌なら降りればいい。重要なことはその程度のことではなく、何を研究させて何を書かせてその成果をどう利用しようとしているかだ。千人計画の趣旨をわかっているのだろうか。
日本人研究者の論文執筆を後押ししてくれていたんですね。
「データはまるまる他国での研究で得たものでも、中国の大学名で論文を発表する研究者は多く、中国の論文数の多さに反映されていると思う」
中国の大学からの論文発表の数の底上げに繋がっていた可能性があるということですね。