新着Pick
71Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
モバイルオーダーやロボット配膳などはコロナによる非接触を大義名分に省人化による生産性向上(損益分岐点下)を見込むケースが多いのですが、それを前提に郊外店開発はまだまだ増えそうです。
人気 Picker
外食産業はそもそも参入障壁が低く、過剰供給だったのでマクロレベルでは閉店は残った店舗の収益性改善を意味する。ただ当然閉店したところには新たに外食が進出する可能性も高く、チャンスを虎視眈々と待っている会社も多くあるのも事実で、閉店の数だけ追っても片手落ちかと