新着Pick
184Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
面白い!
オフィスでの距離は、チームなど業務接点がメインの場合とフリーアドレスの場合がると思う。業務接点が多いメンバーを近づけると効率は良いが、フリーアドレスは逆に創発性を高めるという知恵なのだろう。
リモートでも一緒で、通常業務は業務フロー上コミュニケーションが発生するからある程度進められたり、むしろ集中して進められる場合もある。ただチーム内、さらにほかのチームとの創発性は減ってリスクを感じている。でもこういうのって、じゃぁ集まってなんかやってみましょ、とやってもうまくいかないのも現実。
Slackなどでどれだけチャネルがオープンかによっても結果が変わりそう。
人気 Picker
この話面白い!電子的な距離(Facebookやtwitterでつながってるか、とか)の場合どうなるかの、現代版のデータが是非欲しい。

【有名なのはアレン(1977)の「30mルール」でしょうか。人員間距離が1mの際には同僚と1週間内に少なくとも1回はコミュニケーションを取る確率が55%もあるのに対し、30m以上離れると、約5%にまで低下する、と。】
これは面白いテーマ。

常時接続していないリモートワークでは、
当然アジェンダと日時を決めて「会話」をはじめ
なければならないので、当然「雑談」は減るだろう。

問題は、その「雑談」が仕事を進めるにあたって必要な
コミュニケーションをどの程度含んでいるかだと思う。

リモートワークが過剰になると、その「コミュニケーション」
に支障が出てくるのではないか、というのが今日的課題認識で、
それは企業の生産性に関わってくる。

そういう視点で、「リモートワークで雑談は減るのか?」を考えて
みたらどうか?
会社を辞める人の原因は、半径〇m以内の人間関係が原因だと言われます。要は、それが最高な人は幸せだということではないだろうか。

リモートワーク環境でそれをどうやって実現するか。心が通う繋がりをどう構築するか。

オープンなルームを設けるなど色々アイデアはあろうが、会話を楽しんでいる例は、ほぼ聞いたことがないですね。

みんな、そんな時間が欲しいはずなのにね。素直に本音を吐き出せばいいのに。
「物理的に離れると、コミュニケーションは減る」はその通りだと思います。
しかしながら、離れていても意識をすれば頻繁にコミュニケーションは行えるもの。例えば遠距離恋愛のカップルのように住んでいる場所が離れていても、お互い何らかの手段を使えばコミュニケーションを行うことが今の時代なら特に行うことができますね。
リモートワークも同様に、自然にしていれば格段に雑談は減ってしまいますが、意識すればできるということになると思います。
関連記事一覧
9割の人が知らない「雑談が苦手な人」がやらかす決定的なミス
Diamond Online
81Picks

独学の達人はやっている「自分が詳しくない分野の良質な入門書を探したい」を解決する意外なスゴ技 - 独学大全
Diamond Online
16Picks

一流の雑談は人の心を動かす、二流の雑談は聞き上手、三流は? - 要約の達人 from flier
Diamond Online
7Picks

「科学的に間違った結論」に導こうとする人を見抜く5つのポイントとは?
GIGAZINE
7Picks

「これが、たどり着いた結論」テレビ&YouTubeのヒットプロデューサーに学ぶ“企画術”
新R25
4Picks

「いいね」が全くつかなくても、作品を発表し続ける意味はあるのか - 独学大全
Diamond Online
3Picks

独学で「知らない分野をざっと知りたい」なら、いきなり本を選んではいけない納得理由
Diamond Online
3Picks

「在宅期間中に古典をじっくり学びたい」ときに有効な2つの具体策 - 独学大全
Diamond Online
3Picks

独学の達人はやっている「勉強でここから先は自分の能力の限界だ」と思ったときの復活法 - 独学大全
Diamond Online
3Picks

「早く結論を話せ」と言うリーダーは非合理的?じっくり話しあった方が効率が高まる理由【「佐宗邦威×前野隆司」対談(下)】 - EI(エモーショナル・インテリジェンス)
Diamond Online
3Picks