新着Pick
89Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
互いにメディアに出ることで、誰も得をせず全体的なイメージダウンにしかつながらないような気がしてしまいますね。この記事も独占になっているものの、今まで出ている記事から新しい情報はなく、ほぼ同じことを違う確度でまとめているだけかと。

溝口さんは、色々なことを言われておりますがFiNCやWEINは一定大きくされてきたという意味では一定経営手腕はある方なのではと思いますので、これにめげず、あらたらしい挑戦を国内でしてもらいたいなと勝手ながら期待しています。

そういうビジョンを掲げてWEINを立ち上げたわけですし、個人的にはWEINのミッションはとても共感できます。今回の事件を経た上でも、WEINのミッションを実現していくことが、(実態はさだかではないですが)クーデターを起こしたと言われている方々への最高の攻撃だと思います。
こういう話を聞くときに、

事実は一つ、真実は複数


という言葉を思い出します。


こういうことははっきり言ってよくあることだと思います。

私情とそれ以外を分けて関わるのか、それぞれの私情含めて関わるのか、それによって組織運営はかなり変わると思います。

法人を作ること自体はある種公ではありますが、私企業ではありますし、そこで行われることには最大限の尊重が諮られるべきでしょう。

結局、権利者が良いと言って仕舞えば大体のことは良いとされてしまうわけで、それを踏まえて行動するべきなのでしょう。

そもそもコンプライアンスなどもあってないようなものな気がしてしまいます。

どちらかといえば、理念でもなく倫理でもなく道徳でもなく、共通の意識や認識を「共有」できるかまた、私情を抱え込めるか、というところが重要になるのではないかと思います。

その上でのコンプライアンスではないかと。

そう考えると、採用も資金調達も丁寧に丁寧にということが必要だと改めて思いました。
ネスレ日本株式会社(ネスレにっぽん、ネスレにほん)は、スイスのヴェヴェーにある売上高世界最大の食品メーカーネスレ (Nestlé S.A.) の日本法人である。日本ではコーヒーが主力商品だが、菓子やパスタ類なども扱っている。本社は兵庫県神戸市に所在。2013年に創業100周年を迎えた。 ウィキペディア

業績