新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
素晴らしいことです。
実は、燃料電池システムは、乗用車単品で攻めるよりも、商用車はもちろん、大型建機、フォークリフト、船舶などに応用範囲が広がっています。
今までなら、FC船舶は遊びと思いましたが、海運業界でのCO2削減が至上命題になり、LNGや合成燃料も選択肢ですが、やはりグリーン水素に大きな可能性がでできています。日本郵船が本気で取り組んでいます。
それと、建機も意外な展開で、銅鉱山での膨大なエネルギー消費とCO2排出を自動車業界が気にし始めたので、鉱山現場でのエネルギーにグリーン水素を使う動きがドイツ主導でチリなどで始まっています。
そうだとすると燃料電池で「インテル入っている」モジュール化戦略が有効になります。
トヨタ単独ではコストダウンが厳しくとも、世界ツートップのコマツや日本郵船など一流本気企業と提携すれば、ロットが稼げます。ロットが稼げるということは、日本のサプライヤーを本気にさせ、彼らの引出の奥の手を引っ張り出させることができます。
そうなると本格的コストダウンができ、燃料電池に立ちはだかる大きな壁をすり抜ける、トンネル効果が期待できます(微笑)
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
27.3 兆円

業績