新着Pick

なぜ日本企業は賃上げを抑制するようになったのか 先進7カ国で最下位

弁護士ドットコムニュース|話題の出来事を弁護士が法的観点からわかりやすく解説するニュースコンテンツ
148Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
非常にお粗末な記事で、弁護士ドットコムのメディアに対する信頼性が個人的に大きく落ちました、、誰が書いたかは記載がありませんが、、
日本の賃金が低い理由を書いていて、労働組合がないとか内部留保がとか労働分配率的なものに理由を求めてますが、非効率が温存されて企業の稼ぐ力が弱いのが根本と思います
経営者の経営力の問題だし、淘汰が進まない産業政策の問題が大きいように思います
日本経済の多くを占めるL型産業では上記のとおりですし、平均を引き上げるはずの一部のG型産業でも勝ちきれてない、平等の罠から世界並みの処遇ができてないことも大きな要因な気がしますね
ちなみにこういう統計って移民の扱いはどうなってるんですかね?海外において移民が入っていないなら、労働集約的で賃金の低いところは移民が担っておりカウントされてないだけ、という要素もあるのでしょうか
終身雇用や年功序列を維持しようとすると、賃上げにも消極的にならざるを得ないのでは。 

>役員など「勝ち組」と言われる一部の富裕層はどんどん報酬を増やして豊かな暮らしを楽しんでいて、庶民は低賃金で共働きを強いられ、どんどん貧困化してきている

記事中のこの部分には違和感があります。役員の数はたかがしれており、役員報酬が他の社員の賃金を圧迫するほどではないと思います。海外と比較して日本の役員の報酬は相当低いです。負っている責任(役員がちゃんと責任を負っていて、社員よりも働いていればの話ですが)を考えれば、割が合わないくらいです。不用意な議論で対立をあおるのは、どうなのでしょう。

世界の時価総額50位以内に入る企業を複数経験しましたが、そうした企業の本社役員の働き方は、人間離れしています。海外出張時も、機内でひたすら仕事をし、指示を出し、着いてホテルにチェックインしてシャワーを浴びたら、休む間もなく会議や会食。出張先の時間帯と本国の時間帯のダブルで働き、分刻みで会議や会食をこなし、タウンホールミーティングなどで現地社員と対話し、嵐のように去っていく。常人にできることではありません。まさに命を削って働いています。これほどの働き方を、日本企業の役員がしているかというと…そうではないかもしれませんが。。。
解雇規制のせい。あと意味のわからない正規・非正規はとっとと廃止。

以上
交易条件が悪化する中で、首切れないからでは
価値提供にこだわらず、提供価値について訴求しないことが要因だと思います。

随分昔になりますが、青色ダイオードの中村修二さんの言動をみれば、自分の価値を訴求することが、いかに重要かがわかります。

社会全体として、そういったことを、あたかも悪いことのように捉えてしまう習慣も課題ですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
・・記事「日本の企業がこれまで内部留保をため込み賃金を出し渋っておいて経団連の会長が脳天気にこのような発言をすることに驚かされます」・・

おさらいですが内部留保とは「利益準備金」のこと。貸借対照表(BS)の貸方において企業の調達資金のうち負債や株主資本ではなく利益によって出てきた「計算上の数字」です。BS上での企業のお金の調達方法を意味する表現に過ぎません。

BSの貸方に記載されている内部留保は「資金をどのように調達したか」の記録でしかなくそれを「どのように保有しているのか」=現金なのか株なのか設備なのかは内部留保の額だけを見てもまったくわかりません。現金が設備へ置き換わったとしても内部留保にはまったく影響しない。内部留保が豊かだからといって「使い道のない現金をたんまり溜め込んでいる」というわけではないのです。

これを理解するために企業が賃金原資=「現金」をどうやって手に入れるかを考えてみましょう。お給料を払うには現ナマ=「現金」が必要だからです。

・売上を増やしてコストを減らす
・銀行から借金をする
・増資をして株主から資金を集める

手段はこの三つだけです。

どこにも内部留保なんて出てこないでしょう?内部留保とは資金調達(とその使途)の結果であって現金を得る手段ではないからです。内部留保を減らして賃金(賃上)原資などの現金を調達することはできないのです。

もちろん不要な現金を豚積みしておくことは無意味です。ですから内部留保を減らす方法としてお給料=現金をたくさん払って赤字にすることはできます。赤字になると純資産の部にある利益準備金が減り必ず「現金」も減ります。「内部留保」が増えたからといって「現金」が増えたわけではありませんが「現金」が減れば必ず「内部留保」は減るからです。

そんなことを株主が認めるかどうか。むしろ「現金」は成長のための設備投資に使うはずです。仮にですが企業が「内部留保」と「現金」を減らすならば配当や自己株買いをまず行なうでしょう。なぜならばBS目線だと企業にとってはお給料=販管費と紐付けられる借金=負債の利息=調達コストよりも株式の利息=調達コスト=株主の期待収益率の方が圧倒的に高いからです。

つまりそれを上回る収益率=稼ぎ力を社員が実現することが大事だということです。