新着Pick
44Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
金融緩和と低金利を前提に世界的な株高になっていたために、長期金利の利回りが上がり、株安となった今回。

市場と政府の足並みが揃わないと投資家や世の中が混乱します。
週明けにどうまた動くのか。急激な株安の後なので注目が必要そうです。
今週の市場では米国金利の急上昇が話題の中心となりましたが、特に従来のブレークイーブン・インフレ率に代わり、実質金利が主導する上昇にシフトしていることが注目されています。

成長見通しの改善を示すインフレ期待の高まりであれば株式市場も消化しやすいのですが、実質金利の上昇は金融環境の逼迫やドル高、投資活動の鈍化、企業のPER低下などにつながるため株価にマイナスに働きます。

中銀当局者らはこぞって緩和策を維持する意向を強調していますが、市場はあまり耳を傾けていない様子。ただ、金利上昇には一服感が出ており、米10年債利回りは1.5%前後が当面の上限になるとの見方もあります。

市場が金利上昇のスピードを警戒する中、来週も株価と金利の動きを注視する必要がありそうです。
26日のニューヨーク株式市場のダウ平均株価は「前日比469.64ドル安の3万0932.37ドル」で取引を終えています