新着Pick
209Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
パーク24は駐車場海外分野の落ち込みが激しかったですが、モビリティ分野のカーシェアは好調で10月決算期で会員数1,506千人(前年比116.3%)。台辺り稼働向上を目指す中で、値下げによる長時間稼働率を高める施策の一つのようです。
人気 Picker
ワクチン接種が進み、カーシェアの利用が鈍る前に囲い込もうという戦略でしょう。

今はユーザー数を増やす時、適切な戦略だと思います。
2019年10月の消費税増税の際に、車種ランクの細分化が行われて以降の、今回の値上げ。

需給バランスの調整だけでなく、特に夜間で課金可能な稼働の向上が課題認識としてあるように推測します。
それによって、レンタカーとの棲み分けを、あえて崩しに行こうとしているようにも感じられます。

事故などのイレギュラー対応があることもあって、人力での対応も多いのがレンタカー業務。
営業所の業務完全自動化に向けた動きにも見えますね。
6時間以上使いにくいのは、それ以上使うと距離料金(ガソリン代)がかかるから。合計すると、結局基本料金の倍くらいかかる。
これはユーザーには嬉しいねさげ「6時間を超える長時間の利用料金を平均28%値下げ」