新着Pick

苦境の外食、関西は安堵も首都圏は青息吐息

産経ニュース
新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言の一部解除が26日に決まったことを受け、苦境が続く外食産業では、営業時間短縮要請が緩和される関西圏などから安堵の声が上がった。一方、緊急事態宣言が継続する首都圏の飲食店を中心に悲痛な訴えが相次いでいるが、関連業界で独自技術を活用し生き残りを図る動きも出てきている。
1Pick
Pick に失敗しました