新着Pick
3Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
前回は大西元社長に対するクーデター感があった社長人事が記憶に新しい三越伊勢丹です。

社内基盤が固い杉江社長が不採算店舗の閉店を進めましたが、やはり社内配慮が強い構造改革では世間の変革スピードには追いつけず、そこの大ナタは大西社長以上にふるえず、内部に心地よい「改革」が進められたのではないかと察します。
その結果、ユーザーニーズとの乖離はこの三年でむしろ広がったのではないでしょうか。

新社長の細谷氏は岩田屋社長ですが、その前はずっと伊勢丹系の方なので、関連会社からの大抜擢というわけではないのと、デジタルという方向性に対して適切な人事なのかは不明瞭です。


同社には頑張って欲しいですが、イノベーションのジレンマ的な内部構造的な問題を抱えており、市場競争にそもそも力を発揮できていない印象です。

場所そのものが目的としての機能を果たしてきた百貨店事業から、購買体験を求める現代のユーザーに対して場所のしがらみを抜けて価値提供できるようになるのか。

三越伊勢丹の自己変革に注目です。
岩田屋(いわたや、英称:Iwataya)は、九州最大の繁華街である天神に本店を置く三越伊勢丹ホールディングス傘下の日本の百貨店。天神本店は九州最大の売上高を誇る。 ウィキペディア

業績

株式会社三越伊勢丹ホールディングス(みつこしいせたんホールディングス)は、日本の百貨店の純粋持株会社。同社傘下として三越伊勢丹(関東地方の店舗を運営)をはじめとする各地方の百貨店運営会社などを所有している。 ウィキペディア
時価総額
2,910 億円

業績