新着Pick
1176Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここ最近NFTという言葉を目にする機会が増えていますが、なかなか理解が追いつかないトレンドだなという感じです。Pro/Conを整理すると、以下の感じでしょうか。

[Pro]
・中間業者の排除によりアーティストの収益が増える
・アーティストの作品に興味を持つ人が増える(市場の参加者が増える)
・盗難リスクが無いor著しく低い

[Con]
・相場が整備されていないので、素人が騙されたり大損するリスクがある。
・ブロックチェーン上のアセットは偽造されないかもしれないが、アーティストやプラットフォームが同様の作品を提供し始めることで、既存作品の価値が棄損されるかもしれない。(例:NBAのトレーディングカードの価値は、NBAがより大量のカードを発行し始めることで棄損する可能性があるが、それを阻止できるのか?)

まだ良く分かりませんが、アーティスト・プラットフォーマー・お金のあるもの好きの人にとってはメリットが多そうですが、投機目的の個人投資家にとってはまだ危なそうなエリアという印象です。

【追記】
この件、色んな話が混ざっているので誤解が生じている気がします。ブロックチェーン上で記録されているからと言って、その市場価値が担保される訳では無いと思います。今はこのエリアでの作品が少ないことが、価格高騰を生んでいる可能性があります。つまり、今後市場全体で作品の供給量が増えれば、各作品にアロケートされるお金も分散されていきます。それを超えるような需要の伸びがあれば話は別ですが。一方、市場価値とか関係無く、「この作品は私のものだ」と言いたいだけの人のニーズは満たしてくれるものだと思います。
NFT市場、はじめてきく言葉です。Non-Fungible Tokenの略ですが、ブロックチェーン技術を活用しています。ハイパーレッジャー(分散台帳)に登録されているため、そのものを保証することができる。

リアルの宝石や株式証券などでも本物であることを証明するテクノロジーとしてハイパーレッジャーが使われています。デジタルアートの世界でも有効ですね。

しかし、買い手が手に入れるのは、著作権でも商標権でもなく、所有権でさえもない。それが本物であるという証明と、自慢する権利、というのですから驚きです。

この市場は大きく膨らみそう。
デジタル上の資産やコミュニケーションはますます価値を持つように思います。
歴史的価値のあるもの、ファンにとってたまらない希少価値の高いデータなど、今後価値を持つと思いますが、そのデータの信頼性を担保するのがブロックチェーンなのかなと。
今後普及していくのが楽しみです
モノの価値は需要と供給できまります。ブロックチェーンはデジタルデータの供給量を制限できるテクノロジー。これが圧倒的なユニークさです。詳しくは下の記事にまとめました!大きなイノベーションが始まっています!

「生活の基盤はリアルからバーチャルへ」 なりたい自分で生きていく「Thirdverse構想」とは
https://note.com/hkunimitsu/n/n4cbdfa0f0bcf
デジタルアートを唯一のものとし、売買可能にするNFT。所有よりも共有の文化が広がっている中で拡大しているこのマーケットをどのように理解するか、すごく鍵になりそう。

【NBAと提携して、新たなベンチャー事業「Top Shot」経由で、NBAの試合のハイライト動画を提供するようになった。
Top Shotの売り上げは1月だけで4380万ドルにのぼり、販売1件あたり、ダッパー・ラボに売り上げの5%が入る。】
これはあまりにもオモロー。インターネット革命以後も、プラットフォームとセットにならざるを得なかったコンテンツ産業が、独立独歩して発展する大きな流れの一座な気がする。
なるほど・・・
唯一無二の本物だと証明できればコピーされようが何しようが自分のモノだと言えるのでこれまでの形ある芸術作品と同じように(かそれ以上に)希少価値が出せるんですね。
インターネットで公開して自慢しまくれるのも面白いですし、そもそもどういう作品が広まりやすいのか、興味深いですね。
そのうちナントカ派みたいな流派的なのも出てくるんだろうか(笑)
ブロックチェーンよって取引の記録が残されるため、そのデータが本物であると言う証明が取引されるわけですが、現在のコンピューター環境では、データそのものを不正にコピーする事は簡単にできると思います。
※証明書はコピーできませんが。

大多数の人は、データの証明書に価値を見いだす事はないと思うので、しばらくはそうした海賊版のデジタルアートが跋扈する世界続くのだと思います。

ただブラウザそのものがブロックチェーンに対応すれば、いずれはそうした海賊版のデジタルアートがインターネット上に存在できない世界がやってくるのかもしれません。

無限にコピーが可能で拡散性の強いデータと、本物のみが存在を許されるデータ。

どちらにも存在理由が考えられるため、それらが共存するように仕組みづくりが考えられていくように思います。
注目しています。色々応用が出来そうに
思っています。
不思議な話ですが、コピー出来ないデジタルの
必要性は、多くのところにあります。
ブロックチェーンが保証するのは、不正な売買が自動的に修正されることで、不正な売買で支払ったお金はリセットされないのでは😄

もちろんビットコインで払っていればそれ自体がリセットされるけど