新着Pick

国債売りが売りを呼ぶコンベクシティヘッジの影、市場は戦々恐々

Bloomberg.com
米国債の大規模な売りはある段階に達すると、特定の投資家グループに一段の売りを促し、動きが増幅されることがある。この2カ月の売りで、この段階に達したように見受けられ、米金融市場は戦々恐々としている。
25Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
コンベクシティとデュレーション、懐かしい…

デュレーションは債券の金利変化に対する価格感応度をあらわす(①)。
②でも書いたが、大体の債券は元本(満期で返ってくるお金)とクーポン(満期までに定期的に利子として払われるお金)が決まっている。なので、その「相対的な価値」は金利が変わると変化するので、債券価格も変化する。その変化の感応度がデュレーションで③の画像がイメージが湧きやすいと思う。
デュレーションはそういう意味では一次微分で、デュレーションを微分したものがコンベクシティ。④が比較的わかりやすい解説。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3
https://newspicks.com/news/5642542
https://www.tokaitokyo.co.jp/kantan/products/bond/knowledge/system/duration.html
https://japan.pimco.com/ja-jp/resources/education/bond-basic-what-is-convexity
人気 Picker
昨日起きたような米国における中長期金利の急上昇の背景がこちらの記事でよくわかる。同様の事が1994年と03年にあったよう