新着Pick
514Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
お、内山さん @HTVFD_Uchiyama の本だ!これ良書です!僕の本と同じ出版社、同じエージェント(佐渡島さんのコルク)、かつ発売時期も近かったので一緒にイベントを何度もさせていただきました。しかも中学・高校の先輩!勝手にご縁を感じています。ぜひたくさん読まれてほしいです!

ちなみに宇宙メルマガ The Voyageの1月号に、この本の書評を書きました。転載します。

---
巷には成功した人の本は溢れているが、挫折した人の本はあまりない。理由は単純。自慢するのは気分がいい。でも失敗は見られたくない。それが自然な人間心理だ。よほど心が強い人でなくては、過去の失敗や挫折を晒け出すことなどできない。

本著は自身の挫折を描いた稀有な本だ。燃えるように熱い夢を持ち、それに指先が触れるほどにまで近づきながら、叶わなかった男の体験談である。悔しさや無念が隠すことなく描かれ、しかしその涙は10年の時間の後に前向きな結末に繋がる。

世の中、叶う夢よりも破れる夢の方が多い。でも、人はいくつでも夢を持てる。何歳からでも再出発できる。そんなことを教えてくれる良書だ。
宇宙飛行士選抜試験については、以前から何度も本や漫画になっているが、それでもこうした体験談が出てくるのは、それだけ根強い人気があるということなのだろう。ただ、これからは商業宇宙旅行も可能になるので、そうなると選抜試験の位置づけもまた変わるのだろう。
成功した人の目線ではなく、約1000人の中から最後の10人まで選ばれたファイナリストの目線なのでことさら興味深い。成功者を妬むのではなくきちんと応援に切り替わっていて、そこから前向きな刺激を受けたりしているのも読後感がすっきりしそうで良い印象。

>引用
『宇宙飛行士に匹敵する次の夢にすぐ出会うのは難しい。長い時間をかけてゆっくりと考え続ける中で、「日本の有人宇宙開発を前に進めたい」という原点に立ち返りさらに夢を大きくすることができた。そして、「こうのとり」のフライトディレクタとしてミッション連続成功に貢献したり、次世代宇宙船「HTV-X」の開発に携わったりしている。宇宙に憧れ、宇宙を体感したかった。それ以上に、宇宙を舞台に人類の次のステージを開拓していく一員になりたい。夢は一度破れたが、「やりたいこと」が何だったのかを考えるきっかけをくれた。夢は決して終わることはない。この挑戦から生まれた新しい夢を、これからも追い続ける。』
先日、NASAの探査機「パーサヴィアランス」が火星に到着したことが話題になりましたが、こと宇宙の話題になると、否が応でもワクワクしてしまうものです。

中でも「花型」ともいえる宇宙飛行士は、どのようにして選ばれているのか。実際に選抜試験に参加した内山崇氏の『宇宙飛行士選抜試験』の要約版をお届けします。本著もAmazonランキングで上位をキープしており、生々しさも含め、より詳細な描写で読むことができます。
宇宙兄弟、アニメで全話イッキ見し終えたばかりの我が家にとってはめちゃくちゃタイムリーな記事。

本当にいまさらですが 宇宙兄弟は偉大な作品だと思う。
子供と一緒に読みたいマンガ、観たいアニメ。

この本も週末に読みます。
何年後になるかわかりませんが、飛行機に乗る感覚で、気軽に宇宙旅行ができる日が来るのでしょうね。今は、とても大変だけれど。
ちょうどネトフリで宇宙兄弟を見始めたタイミング。
Space Brathers・・・やっぱりオススメです。
アニメで第二シリーズやって欲しいな
小学生の卒業文集で宇宙飛行士になりたいと書いた。
無理だと悟ったのは、アポロ13号の時。連日TV新聞で情報を追いかけた。
酸素タンクの爆発、何が起こっているのかわからない状況、水、電気の不足、生命の危機、最終突入時に極めて狭い角度で大気に突入しないといけない。浅ければ宇宙へはじかれる、深ければ大気中で燃え尽きる。

そんな状況下で、一つ一つの任務を遂行する精神力に驚いたものです。あの時ほど、宇宙飛行士が凄い人達だと思ったことはない。

確か月を回る時に、一部のミッションをしたはず。
生命の危機の時にミッションを遂行できるとは❗️
今年もたしか選抜試験行われますよね。
この連載について
本を読むことは、心を豊かにしてくれる。慌ただしい毎日のリフレッシュにもなるだろう。ただ、ビジネスパーソンには時間がない。そんな悩みを抱えるあなたにNewsPicks編集部が、本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、話題の書籍の要約をお届けする。