新着Pick
1007Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
DXとか起きにくい元凶かも「日本は雇用が流動化してない…本当はもっと賃金をもらえる人の給与がおそらく低く抑えられている…年功序列の中で高年収だけれど、パフォーマンスを上げられていないみたいな弊害も生じているはず」
人気 Picker
とにかく、ひろゆき氏の勤勉さと発想のロジカルさと閃きが素晴らしかった、という報告を聞いてます。

無論、他にもダイバシティ極限大のギグパのみなさんから様々なアイデアや指摘を頂きました。

0期生にご応募、参加してくださいました皆さん、本当にありがとうございました。このご縁を引き続き大事にして参ります。
副業者を雇用することで自社の在り方を見直せたことが一番大きかったのではという印象を持ちました。風通しがいいと思っていたけど、結構忖度しているんだとか、正社員中心だとか。インタビューでも触れられていますが、この話を突き詰めていくと、経営学でも1970年代後半から90年代くらいにかけて結構議論された「会社という組織は必要なのか、(当時はそんな言葉なかったですが)ギグワーカーだけでよくないか」という本質的な課題に突き当たります。当時は取引コスト(TC)が下がるとか、知識の創造と蓄積が大事だとかでしたが、もう一度今の環境で考えてみる必要はあると思います。

佐藤さんが指摘されているように、コンサルの話もなるほどと思いました。新規事業に関してはコンサルタントは質問されたらロジカルに答えなければいけない。「面白そうだから」というのは許されないというのもありそうです。
面白いのが、副業者とコンサルの比較です。
もちろんコンサルのように体系だったペーパーは出てこないし、そんなの知っているよ!というプランも多い。でも副業者のアイデアの中には実際採用しようとしている事業アイデアもあるとか。玉成混淆だが、コンサルより安いのが魅力とも。優秀な副業者が本業の人を脅かす、今後、そんなフェーズが増えるかもしれません。
面白く興味深い方法。 同じ組織に長いこと働いていると 内向き思考、忖度などが知らず知らずのうちに強まるこを体験している。 一方で企業への愛着心も生まれてくる。
イノベーションを起こし 顧客思考でビジネスを見直し実行に移すための方法として、社内と外部の目を混ぜて 化学反応を起こすことが有効。 この方法は効きそう。
「副業」で様々な方を採用するギグパートナー制度を始めたヤフー。どんな気づきや、変化があったのか、ヤフー小澤隆生COOにお伺いしました。リモートワークが、副業を解放しています。

現在、一旦、小澤COOの管轄していたギグパートナーは3ヶ月期間を終えて、一旦終了。ヤフーによると、各部門ごとに専門知識がある方などがギグパートナーとして新たに採用され働いているそうです。今まで一つの企業で占有され、「埋蔵」されていたニーズのある人材が、あちこちで引っ張りだこになっていきそうです。
大手企業で正社員しつつ、経営者として起業している身からとして

◾️副業する人のメリット

単にお金や自己実現だけでなく、忖度なく物を言えるのでストレス発散にはかなり良いです。正社員だと思っていても言いにくいとかある人、結構多いのではないでしょうか?

あと、良い副業先何社か見つけると再就職先候補も増えてくるので本業でも無敵になれます

◾️副業する人のデメリット

当然ですが、副業は成果出してなんぼの世界
求める水準に達してない場合、ストレートにFBされますし、
なんならなにも言われずに切られます
そのへんのメンタルは強くないとキツいです

あとは、労働集約的なものはあまりオススメできません
疲れるだけなので

◾️企業側としてのメリットデメリット

本文中にもあるように、
・コンサルに比べて安い
・質は担保しにくい
・数打てば光るものはある
・採用した時のミスマッチ防止
・情報流出の懸念

と言った要素がキーとなりますが、今後の採用候補者探す意味でも非常に有意義です。
実際、自分がコンサルしている企業様でも採用前にリモートでのインターン(副業)を1ヶ月はお願いしていますが、面接よりよっぽど精度高くマッチングできます。
ギグワーカーをはじめとする多様な働き方が広まっていくのは間違いない。私たちスタートアップですら副業を解禁しました。
今後多様な働き方を許容しつつ、企業が従業員にどんなことが提供できるかも従業員の立場からすると必要になってきます。
うまく共存できればお互いビジネスが加速していくと思うので自社でも引き続き実験していきたい。
興味深い内容です。働き方が多様化する中で、本件のような試みは、専門知識・意欲を持つ方と組織が目指す方向や認識が一致しているかをすり合わせていく方法としても有効ですね。
人口減少の日本で、生産性を上げ、ビジネスを面白くする手段のひとつになりますね。多様な意見を聞けるのもいい。コロナが古臭い就労規定の見直しを迫っています。
打率1割でも忖度ない意見を経営陣が聴ける、というのは大きいですよね。それがただの指摘で終わるのでなく、具体とセットであれば、じゃあ一緒にやりましょうよとも言える笑。ヤフーさんのこの取り組みは採用はもちろん、企業としてのサービスや組織づくりの進化にも繋がるなぁと。
この連載について
コロナ禍で加速度的に普及した在宅勤務で、副業も容易になった。IT大手のヤフーは「ギグパートナー」として副業人材の採用を実施した。採用した会社側、採用された労働者側、それぞれの視点から「リモート副業」によって生まれる働き方の「革命」を追う。
ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
4.35 兆円

業績