新着Pick
1011Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
なかなかのビッグニュース。
要するにドーシーの気が変わった、乱暴に言えばただそれだけ、社長がその気になればそれだけで利益が倍増(すると発表)し、株価が最高値となる。

ドーシーが会見で述べたのは、うちは同業他社に比べて遅かったがこれからはマネタイズに専念する。具体的には投げ銭やサブスクなどマネタイズ手段足して、3年後に少なくとも利益が2倍増となる。

能力のある変人が、批判されようが聴く耳一切持たずシンプルなコアバリューとそれによるユーザーベース蓄積のみに長年専念して、ここぞとなったら一気呵成で天下(利益、経済価値)を取りに行く。
常人、特に雇われCEOには一切真似できない悔しいほど天晴な経営。
ツイッター、23年までに売上高倍増目指して、ギフティングやスーパーフォローというサブスク、更にSpacesというClubhouseみたいな機能や買収したニュースレター配信サービス、Revueを活用して、より長いコンテンツの共有を可能にする計画を進めている。これはかなり意欲的な計画。楽しみ!
Twitterがつまらなくならなければ良いですが。
企業なので利益の追求も必要ですが、利用者が離れていかないようにしてほしいです。
YouTuberならぬTwitter"er"が生まれるのかもしれません。ツイッター民としては楽しみです。

今回の発表では、課金フォロー、メルマガ、トークライブなど、コミュニティ機能の強化が主軸。これまでは、ツイッターはあまり稼ぐプラットフォームではなく情報の拡散・収集の面が強かったと思います。今後はそのもので稼ぐことができるようになるため、よりインフルエンサーの活躍する舞台になるのかもしれません。

一方、情報商材屋のようなものが幅を利かすプラットフォームになるのであれば、それは残念です。ただ、コミュニティ機能とはつまり「閉じた世界」だと思うので、こもっているのであれば「開かれた世界」を楽しむツイッター民には気にはならないのかもしれません。

僕自身も、色々使ってコミュニケーションをもっと楽しめたらいいなと思います。
楽しみです!!
こういう発表があると、これから更に伸びるプラットホームならもっと使い倒そうと、アクティブになるユーザーも増えそうですね。
やっとジャック・ドーシーが本腰を入れてマネタイズに取り組むんですね。Twitterのマネタイズの仕組みはほとんどやる気ないフィード系広告だけですからね。Twitterの特性活かしたネイティブ広告を期待します
"ツイッターは、チップを払う仕組みや、一部アカウントを「スーパーフォロー」するためのサブスクリプション(定期課金)サービスなどの概要を公表"
匿名が多いTwitterで、コミュニティー機能がどれだけ威力を発揮するか、いささか疑問です。

また、一般ユーザーにとって「課金」は大きなハードルがあります。

企業をターゲットにして、さらなる課金方法を模索した方がいいような気がするのですが…。
これは面白い
オンラインサロンとかもTwitterは飲み込むのかもしれないなぁ
Twitterが投げ銭・サブスク・ボイスソーシャルを導入し利益倍増を目指す。SNS競争の中でもインターネットらしいオープン・フラットの構造を貫いてネットワークによるサービス価値を高めてきたTwitterが収益化と世代アップデートに本気を出す。楽しみ。
正直自分は「日本のTwitter」しか知らないので何とも言えないのだけど、日本のTwitterを見た限りは、スーパーフォロー等が流行る雰囲気ではないし、ちょっと違うかなーと思ってる。
フリートはinstagram的だし、今回のはfacebook的なのかな。マネタイズ出来なくて、文化に合わない他SNSへの追従を繰り返している印象がどうしてもある。ただ、Twitterって自分の周りでTLを作っていくものだし、Twitter全体から見ると正しい方向製なのかもしれない。