新着Pick
262Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Netflixと韓国コンテンツが手を組むことによってNetflixも韓国コンテンツもメリットがたくさんあります。だからこそどんどん積極的にその関係性を強めているのではないかと思います。

この記事にも書かれています「Netflixの役割は、自由度の高いクリエイティブな環境で作られた韓国作品の特別な魅力を、時差や言語の制約を越えて、より多くの国のメンバーに、より手軽に楽しんでもらえるのを後押しをすること」という発言にNetflixと韓国コンテンツが手を組む裏事情も含まれています。Netflixの制作投資により、韓国コンテンツの作り手は、スポンサーを探す、制作費用に悩む、番組編成を気にするなどの問題がある程度解決できるため、よりクリエイティブ的な作品作りが実現できるのです。これは作り手からすれば大きいでしょうね。

しかし韓国コンテンツの権利問題やNetflixの韓国コンテンツ独占などを心配する声が韓国国内でも多く出ており、その対策を模索する動きも起きています。
もはやNetflixは対ディズニーを見据えて、コンテンツの買収と投資にあてるのだろうと思います。プラットフォームの強さはどれだけ強いコンテンツをもてるかどうかにつきるので引き続き投資は強めていくのかなと。さらに韓国コンテンツでのヒットは非常に増えています。梨泰院、スタートアップ、sweethomeなど最近ランキングに出てくる実写系は韓流の作品が多い。先日のアニメへの投資もそうですが、ヒットが出てくるとここぞと投資判断していくスピード感は大手にもかかわらず非常に早いなと思いました。
韓国作品は投資したら投資金額以上のヒット作が生まれる。1970年代から韓国映画を韓国の映画館やDVDソフトで見てきたものとして、大いに期待したい。娯楽性、ストーリーの展開の速さ、社会への問題意識、南北分断の悲哀をエンタテーメントにしてしまう魔術など魅力が一杯。
世界に通用するエンタメを輸出する方針で国を挙げて文化輸出を推進してきた成果の一環ですよね。世界の文化への食い込みもしっかりしているから韓国独自の作品がより評価されている側面もあると思います。例えば、オペラの世界でも韓国人の世界的オペラスターもいますし、アメリカの有名音楽大学の声楽科は韓国人と中国人がたくさんいらっしゃいます。
 翻って日本は…自国の文化としてクール・ジャパンで推進したはずのアニメにしても…今や日本のアニメ制作者は中国アニメの下請けをしています。日本の制作者は安くてクオリティが高いので。それに、世界的なオペラスターは居ません。

文化を押し出すためにはその文化の特定の商品だけを推すのではなく、そもそも自国の文化が独自性高くかつ世界で見てもクオリティが高いことを証明し続ける必要がある。そのための効果的な一手として、クオリティの高さにある程度の一般的なコンセンサスがある文化で、自国の国民が活躍することも効果的です。文化輸出は総合戦略が大事なのだと痛感します。とはいえ批判は簡単です。小さくても自分ができることをちょっとずつでも推進することはとても大事だと思いますので、せっせと夏のワークショップの準備を進めています。
韓国エンタメは音楽、映像ともに世界トップクラスの制作陣、キャスト、アーティストを揃えていることが実証されつつあります。
しかも特筆するべきなのは英語ではなく、韓国語のまま輸出している、という点です。BTSにしろ、パラサイトにしろ、どちらも韓国語です。これは本当に凄い
韓国ドラマの魅力がネットフリックスで世界的に発見され、さらなる投資を誘導する。いいなぁ。いや、日本はドラマで敗けてもアニメがあるさ!でも気になるのは、コメディも作るとしていること。お笑いでは敗けたくないなぁ。
『Run On』が終わり『ヴィンチェンツォ』が始まる狭間に、米ドラマ『ビリオンズ』を観始めたところ、とても面白く。
シーズン5まであるのね。(今シーズン3)
韓国のホラー系映画とかも面白いんですよねぇ。演技と演出が濃い感じ。
K-POPと同じ構図ですね。国内市場が小さすぎるので、最初から海外市場を狙うしかない韓国のコンテンツ市場の特徴をNetflixが上手に活用しています。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
しばらくネトフリ韓国ドラマお休み気味だったけど、ヴィンチェンツォが面白くて回帰中
Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
25.5 兆円

業績