新着Pick
32Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
カリフォルニア州では、あまりの乾燥で葉が擦れて自然発火も多いと聞きますが、この足利の火事は原因は何か分かっているのでしょうか?

タバコや焚き火だったりしたら、やり切れないですね…
人気 Picker
足利市では現在(25日16時時点)乾燥注意報が出されています。また、来週の火曜までは雨の予報も出ていないので、あと数日は延焼が続きそうですね。大きな被害が出ないとよいのですが…。
林野庁の調べによれば、日本で山火事が発生しやすいのは3~5月の春とのことです。確かに冬の間に樹木は水分を失い、そこへ気温が上がり花や若葉を無理やり発芽させるのですからもうカラカラ、下草も枯れており土壌水分量も少なく、火が付いたら文字通りあっという間、という状況と想像します。
また春先は低気圧が周期的にやってきて、日本海や太平洋で発達して強い南風や北風となることも多く、江戸の大火の事例を見ても、現在の3月や4月の時期に発生した事例が多くあることからも、乾いた強い風が吹く時期は火災が大きくなりやすいことが分かります。
山火事の原因について林野庁では6割以上が焚火や野焼き、放火、たばこ等の不始末とされており、日本ではカリフォルニアなど大陸でみられるような落雷を原因とする山火事は割合少ないです。日本では落雷が発生するときにはたいてい強い雨を伴っており、落雷による火災が発生しにくいという事情もあります。

次の雨はおそらく3月2日ごろに次の低気圧が日本海を進むときまで期待できません。それまでは何とか人家等への延焼を防ぐようにして耐えるしかありません。
地元なので大変心配です。