新着Pick
65Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
以前、Dellが採用して急成長の要因となった「BTO」がスマートフォンにも採用されると考えると理解しやすいですね。

「大きさ」が、大きな制約条件ではなくなってきたとしたら、「BTO」の可能性もぐっと現実味がでてきます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
人気 Picker
アップグレードできるのはメモリのみ、と。メモリがRAMなのかNANDかは分からず…
モジュール系スマホは、より大胆だったGoogleのProject Araがあったが、交換可能にする仕組みのコストが、便益などより上回って成功しなかった。今回はそこまで大胆なのものではないが、あえて変えるほどかというと個人的には微妙ではないかと思う。あとNANDであればSDカードでもできるので…
組み合わせ部分は、カメラの組み合わせができるようになっているのは製造や経済性の仕組みとしてちょっと気になる。
https://newspicks.com/news/1756637
過去記事のコメント

スマートフォンでハードのアップグレード対応(ダウングレードも可)は珍しいと思います。
同じ機種を長く使えそうな反面、好評であれば新機種への買い替え需要の減少に繋がりそう。アップグレード対応のコストはそれなりにあるので、結局は買い替えた方が良いかもとなる可能性もあるけど。

『Lava unveils four new Z-phones, launches myZ phone configurator tool -』
https://newspicks.com/news/5527801/
うーん...
スマホの性能を購入後にどうにかしたいと思ったことがないからなあ。
響くのだろうか。試みとしては興味ありますけども。

メモリだけ良くしても、結局新機種が出てきたらハードウェア的な面白機能が搭載されててそっちの方に替えてしまいそうな気がしてならんです。
なんか時代遅れな感じがする
だれもそんなスペック求めてないし
スペックマウンティングしたい人は限られている
一定期間で買い替えを行うというのは環境的にも良くなく、リサイクルを考えるだけではなく、アップデートである程度使い続けられるという考え方はこれから重要になってくると思います。そういう意味でもこの新しい販売方法は興味深い。