新着Pick
552Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マンション住民からすると利便性もありますが、恐さもありますね。

アマゾンの配達ドライバーが、「どれだけちゃんとした人なの?」と疑問に思ってしまう。UberEATSみたいに素人とは違うのであれば、プロ集団であることを説明してほしいかな。

オートロックを入って置き配する流れは進んでいくと思われます。
例えばアメリカでは、ウォルマートが置き配どころか家の中に入って冷蔵庫まで格納してくれる「インホーム・デリバリー」というサービスを始めています。
日本よりも治安の悪いアメリカで、なぜこれが実現できているかというと、配達員が頭にカメラを付けており、配達時の行動を確認できるという安心感を提供しているからです。

このように、マンション住民に安心感を与える仕掛けも同時に考えていった方が良いと思います。
現状だと少なくともUberEATSの配達員には、オートロックを”スルー”してほしくないです。
久しぶりに強烈な一手を見ました。仕組みと信頼性はさすがなのですが、この一文が凄い。シェアが広がった時に独禁法に触れそうなほど凄い
"物流パートナーによる宅配では使えず、「発送業者:Amazon」と表示されるアマゾン独自の物流を使う場合のみ利用できる"
置き配が完了すると解錠の期限が切れるとはいえ、オートロックが簡単に解錠できるとなると、不安を感じる住民も出てくるのではないでしょうか?

とりわけ小さな子供のいる家庭など。

アマゾンの配達員が違法行為を行わないという保証もないし。
現地にいるのに全宅ベルを押してオートロック解除を依頼する。これほど無駄な事も無いですもんね。セキュリティ面でも宅配荷物ある時のみの一時的オートロック解除ですし一つの効率化として期待したいです。
日本での展開で、オートロック。
Amazonはアメリカではキー(鍵)について、留守宅や自動車含めて、実験的に提供したり検討していた。最近ここらへんの動向をあまり追っていないが、ニュースフローで見かけないということは下火?
そのなかで日本でこれが出てきているのは、宅配ロッカーが一杯になったり置き配が戸建てで普及し始めている中で、マンションででもという流れだろう。
https://newspicks.com/news/2550947
https://newspicks.com/news/3862933
なるほど、確かに、オートロックのマンションだと玄関前などの「置き配」は事実上選択できないですからね。「置き配」を選択するのは必ずしも留守中だけではないので、この流れは広まっていきそうな気がします。
「物を売る」方法は無限に近い企業が取り組んでいるが「届ける」方法は極論1000年前から変わってないように感じる。
今に目を向けた時に再配達が物流のコスト増を生んでいることは明らかで、それをテクノロジーの力で解決するのは素晴らしい。
人と人の関わりが薄くなっていく一方な世の中だからこそ、安全性には徹底配慮した上での解決策を是非楽しみにしたい。
書いていいのか迷いましたが、オートロックの安全性について過度に信頼されている方がいるので注意喚起の意味も込めて下記の記事を引用しておきますね。オートロックで誰も入ってこないし安全だから自分の部屋の鍵は適当にする、なんてもっての外ですよ。

「実際のところ、集合キー式のオートロックは結構甘く作られています。賃貸物件住民のどの家のドアでも開く必要があるため、鍵のパターンが一致すれば開いてしまいます。」

オートロックは安全?メリットデメリットと侵入対策、内見時のポイント
https://sumaity.com/press/20/
セキュリティ面の問題は当然ついて回りますが、新しいことへのチャレンジにはリスクはつきものですが、現在の技術でなんとでも出来るかと思います。

しかし、amazonがセキュリティ会社や不動産デベロッパーと連携していく姿こそ一番恐ろしい。
いずれ日本の全てのデベロッパーやセキュリティ会社がamazonと提携することになる未来はそう遠くない気がします。

お客様第一主義の精神は本当に驚愕。
これは素晴らしいシステム。大型集合住宅では、いちいちオートロックまで戻って個配する事もあると聞いていたので、こういったシステムで解決できる効率化は進めていって欲しい。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
195 兆円

業績