新着Pick
1564Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
さすが早い。そしてありがとうございます。
"明日の本田圭佑氏のインタビューに続きます"
人気 Picker
挑戦者ファンドの観点で見ると、やはり複雑な体制だと思います。「ファンドを立ち上げて、運営会社が運営する。ファンドのGP(≒責任者)はファンドの運営とLPへのリターン最大化にコミットする」基本的にはこのスキームでVCファンドは回っていきます。今回の登場人物の意志や志に関わらず、ファンド業務に100%コミットできる体制だったのか?、利益相反を生む余地はなかったのか?は重要な論点ではないでしょうか?

ちなみにリーガル面での是非は脇に置くとしても、VCがグループ会社含め出資先からコンサル費用をとるケースはアメリカでは聞いたことはないですね。投資家としてはコンサル契約を結ぶ前に自分たちを頼ってくれというスタンスです。

個々人のモチベーションや志を無駄にしないためにも、イノベーション領域やVC領域においてルールや仕組みを整備することで防げる問題は多いと改めて感じました。
私も溝口さんと一緒に取材を受けましたが、記事内に自分が話した内容が入っていなかったため、より詳しい内容を1万字以上のnoteに書きました。

一度は本田圭佑さんや、高岡浩三さん、西本さん側についていましたが、あまりにもおかしいと思い、溝口さんに話を聞きに行きました。

そして話を聞くと西本さん側では示されなかった、「客観的な証拠」が多数示されて、正義は溝口さん側にあると感じ、現在ではWEINで仕事をしていくことを決めました。

正直、このnoteを出すことは勇気がいりましたが、正直者が泣き寝入りをしないためにも、投稿いたします。

皆さまにはメディアの記事だけでなく、イチ社員の話も聞いていただき、フラットな視点で判断いただければ幸いです。
https://note.com/ugokuhonya/n/n6dd5b816560f
お金の使い方については、住居についてはよくあるものとしても、スタートアップで飲食店、しかも自分が個人で出資している店に、自分の会社から月25万円出させるというのは…関連当事者取引に近しいので注意深く行うべきでしょうが、誰にも報告せずにやれば隠したと言われるのもわかります。

統制(ガバナンス)、コンプライアンスの問題ですね。FiNC退任も「投資したい自分と現実路線を行きたいほかの経営陣との意見相違」とありますが、もしかするとこうした出費を「投資」と呼んでいるのでしょうか…そうだとすると心配ですね。。

それにしても何故こういった情報がでてきたのでしょう。誰も得しないように思いますが…
ファンドの運用に関して広範な権限を与えられているファンドマネージャー(GP)はその反面、厳格な受託者責任義務、厳格なコンプライアンスの責任があると理解しております。GPの立場で考えると、一人を除いて他のGPがパートタイマーだったり、ファンドが運用以外の収入をポートフォリオから得ていたり、GP個人がファンドから支払いを受けていたり、GPの関係会社にファンドが出資したり、(しかもそれらは問題と考えていない様子)結構びっくりの話ばかりです。
昨日よりNewsPicksのコメント欄でも話題になっているWEINファンドについて、本日から当事者へのインタビュー形式で連載します。

12月1日、経営陣から溝口氏に対して複数の疑義が投げかけられ、内紛に発展しました。その日、何があったのか。設立発表からたった9ヶ月の間に、なぜ仲間割れが起きたのか。

溝口氏と、高岡氏、本田氏サイド両方に話を聞き、報じていきます。ぜひご一読ください。
【NewsPicksをお読みの皆様へ】
溝口勇児です。この度はご心配とご迷惑をお掛けし、本当に申し訳ございません。

12/1は人生の中で最も辛い日でした。私への事実確認はただの一度もなく、元ノーリツ鋼機社長で、WEINグループCOO/WEIN Incubation GROUP CEOの西本さんのクーデターによって、事実を捻じ曲げた虚偽の情報や西本さんが持ちかけた偽りの訴訟によって、西本さん、圭佑、高岡さんから糾弾をされました。

zoomで2時間半もの間、弁解を全く許されないままに、「言い訳をするな」、「代表を降りると今言え」、「この場で認めないと、お前の起業家生命は終わる」と言われ続けました。極め付けは詰問が1時間ほど経過した時に、圭佑から「西本さんのアカウントが2つあるが、この裏には全社員が見ているからな。全員に謝れ」と言われました。私の頭は極度のパニック状態に陥りました。それらの冷静さを欠いた混乱状態での醜態を、大画面のスクリーンがある会議室に集められた、私と距離の近い元FiNCのメンバー10名を除いた全社員の前で晒されました。さらに会議の直後には、2時間半を録画した動画を私と関係が深い取引先や投資先に送られました。

僕は12/1以来、彼ら、経営陣と対話できていません。

明日以降の本田圭佑さんや高岡さんの記事も、出るようですが、物事を一番悪く見える角度で切り出されものが出てくるであろうと不安でいっぱいです。

今回の記事も、2時間以上インタビューに応えたうちの一部でしかないんです。

私は公開の場での議論を希望します。 

今日まで何度本人達に伝えても、それが実現することはありませんでした。

皆様、泥沼の内輪揉めに巻き込んでしまい、本当に申し訳ございません。ただ今回、私は仲間達のお陰で、「戦えたから」泥沼に持ち込めたんです。「スタートアップのガバナンス」というテーマですが、私は今日まで、影響力を持った人や、いわゆる大人の人が時に都合良く使う「ガバナンス」というものの存在によって、「戦えなかったから」泣き寝入りしてる経営者を何名も見てきました。当然、倫理、道徳から逸脱してはいけません。ただし、僕たちはスタートアップなんです。

皆様にお願いがあります。私を彼らとの公開討論の場までご支援いただきたいです。どうかどうか、よろしくお願いします。

溝口勇児 拝
NewsPicksはスタートアップ業界の問題点はスルーしてるのではないか。そのような指摘に、応えたいと思います。
岩本氏の記事がダイヤモンドに出てから、当事者がコメントでバチバチになり、その後NPで溝口さんが記事化。正にこの場で繰り広げられる情報戦。
私も自分の作ったスタートアップをやめることになった経験があります。その時も同じようなことが起こりました。同じ状況を見ても他の人たちと自分の味方が全く違っていて、自分でも何が本当なのかわからなくなりました。
良くも悪くもファクトだけで物事が決まるわけではありません。そこに関わっている人、周りから見ている人、そういう人たちがどう思っているかということも、物事を動かしていきます。そういう意味ではここにコメントを書いている人たちもこの出来事の一部だと言えるし、溝口さんがこれは事実でこれは事実ではないという話をしても、それで終わりになるわけではない。
溝口さんがFincの頃何回かお会いしたことがありますが、代表取締役が3人という前代未聞の座組で会社運営をされていました。今回の件もですが、多くの方の思惑が渦巻いているのを感じます。
本記事や昨日の記事、またTweetやnoteなど色々な情報がある。
雑感になるが…
・それぞれの見方があるし、それぞれが食い違っている。今もそれぞれの主張を、それぞれを何らかの理由で信じている・ついていっている方たちが発信している状態で、それぞれから見える景色や見たい・見させたい景色が発信されている
・経営や経営責任とはなんだろう。そのために必要な仲間集め、信頼、コミュニケーションなどを関わる方たちはどう考えたり執行されていたのだろう。特によく知られている方々が溝口氏が参画を呼び掛けたのかは知らないが、そうだとすればこの段階になるまでに少なくとも溝口氏が指摘している西本氏以外の方から、指摘・提言などがなかったのだろうか。なかったとすれば、それは今回の双方の是非はともかく、「経営陣」として機能していないように思う
・経営上の明確な瑕疵や対立は生じることはあるし、あればどちらかが首を切るというのは現実。だけど、双方ともにそのプロセスや日常で、隙というか稚拙さが否めない(やるなら付け込まれない状態を作ることは正当性のためにも重要)
・こういった段階で経営資源が事業に向いていないことは、ただただ切なくなる

今は、結局誰にもプラスはなく、マイナスだけが残っている状態。では、昨日のDIAMOND SIGNALの記事は誰が何の意図だったのか。
溝口氏側が発信するメリットはないと思うので、離反した方たちだろう(退任タイミング含め)。一方で公にすればもちろん反論が出る。それは色々な情報が必ず出る、絶対出る。出ないはずがないというのは絶対想定すべきこと。
よく知られている方が参画されていたから、退任含めていつかは分かることである。その一方、センセーショナルに公にしても誰も得るものはない。それでも公に出るように突き動かした理由か感情があるのだろう。
事業・経営は人間が行うもの。こういうところに成功も失敗も起因するし、こういうところに真因があると、色々な事象をこれまでも見ながら思っている。
溝口さんの言い分はこの記事でよく分かりました。NP、グッジョブだと思います。

ただ、「一方聞いて沙汰するな」という諺があるように、もしかしたら人によって見解が違うかもしれません。この記事を受けてのもう一方の意見も明日以降で記事化するんでしょうね。

楽しみにしてます、という表現は適切ではないかもしれませんが、興味深く待ちたいと思います。
この連載について
ビジネスの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート