新着Pick
53Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
みなさん、おわかりだとは思いますが、この数字は、水面上に出ている、まさに「氷山の一角」でしかありません…

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
人気 Picker
雇用環境は景気に半年遅れて影響がでますから、今回の緊急事態宣言の影響は夏場にかけて出てくるでしょう。
毎月初旬の「新型コロナウイルス感染拡大に関連する解雇や雇い止め」の累積人数を追うと、6月から10月までの増加ペースは毎月1万人前後でしたが、感染拡大が一巡して経済活動が動き始めた11月6日までの約1か月は6,868人、そして12月4日までの約1か月は5,099人(累計75,341人)と減少傾向でした。そこから約1カ月半で1万3千人ほどふえて88,574人になり、直近一週間の増加は1,124人だったわけですね。緊急事態宣言が出た1月に入って増加ペースが再加速したことと、非正規労働者より正社員の解雇が多いことが気になります。2度目の緊急事態宣言が経営者の心を追って、解雇が正社員に及んで来たのでなければ良いけれど (・・;
雇用調整助成金も現状だと4月末までです。それまでに消費が一定数戻らない限り、このタイミングでの雇用困難なケースは多いと実感しています。
悪いのは

ひたすら恐怖を煽る報道を続けるマスコミ



死亡者数を水増しして被害を多く見せかけている厚生労働省

厚生労働省「陽性者は死因を問わずコロナ死として公表」
https://t.co/efaQHACDMb

日本の超過死亡はマイナス3万人と世界で最も少ない

世界の超過死亡者数
https://t.co/cNAkU1x55B