新着Pick
363Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
これは驚きでした。Clubhouseが、これほど中国との関連があったとは…

最近、一時期の大きな盛り上がりから一段落して、過疎化とも言われているClubhouseですが、中国との関係も釘をさされる可能性がありますね。

高口さんのレポートは、毎回、とても勉強になります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
人気 Picker
クラブハウスが話題ですが、調べれば調べるほど、クラブハウスは中国要素をうまく使っていることに驚きます。

クラブハウスの配信ネットワークは中国企業Agoraを活用していますが、Agoraの創業者は老舗音声ビジネス企業YYの元CTO。

またクラブハウスのデザインですが、中国の音声SNSではおなじみのトークルームにそっくりなのです。

というわけで、音声ビジネス先進国・中国を見ると、クラブハウスで注目を集めた音声SNS、音声ビジネスの未来が見えてきます。

というわけで、今回のスタートアップ・チャイナは、中国音声SNSライチとそのグローバル展開を通じて、中国音声ビジネスの現在と未来を読み解きます。
「中国の音声サービスは既に発展・成熟」という話で、factも豊富で大変に参考になる(自身の備忘を兼ねメモ)
・UGC中心の荔枝(ライチ)
 '19年ローンチ、'20年米国上場
 MAU5,000万超のうち課金率は1%
 機能は多様で複雑、教育やゲームの副音声的な用途も
 売上約12億元(約200億円)の98%は投げ銭
 ショート動画より規模感が1桁小さいことに天井感
・PGC中心の喜马拉雅(シマラヤ)
 '13年ローンチ、Valuation34億ドル
 オーディオブック等の有料課金コンテンツ中心
 オンライン動画がマネタイズに苦しむ中で音声は?

ちなみに、個人的所感ですが、新参ベンチャー×コピーにチャンスがあるならば、昨年からとっくに兆しがあるかと思います
・昨年春の製品リリース、a16zからの資金調達を見て
 本当に感度の高い中国起業家は検討を始めるはず
・言い方はアレですが、1年近く経ち日本で流行り始めて
 コピーを考えるようなスピード感ではない気がします...
 (中国が自信をつけ、かつ米国との精神的な距離感が
  増していたとしても)

但し、後出しジャンケン(買収や力技)で何とかなるIT巨人の動きは別、今後も音声周りの進化は考えられそうです
面白い記事。中国はコピーするだけじゃなく、独自機能、特に課金周りでのイノベーションが多い。clubhouseの大きな課題は人気の発信者のモチベーションをどう保ち続けるか。その意味でマネタイズはすごく重要。

「中国の音声ビジネスは進んでるし、すごい」けれども、動画などもっとイケてるビジネスと比べると見劣りするわけですね。
これはインパクトがありました。
「中国では現在、数十ものチームがClubhouseのコピーを作っているのだとか。2月19日には「Clubhorse」という笑えるネーミングのコピープロダクトが登場」

高口康太さんとお話しできたことは、Clubhouseのおかげ。
9時半〜【プロピッカーによるニュース解説】
@usuihayate
Clubhouseは中国で火がついて早々2月初旬に中国では利用できなくなっている。サービスの
利用と、SMSによる招待の双方が停止されている。

C向けのメディア系、コミュニィティ系のサービスが中国展開する場合、雨後の竹の子のように競合中国企業が爆速でローカライズされたクローンを出してくること、初期から細心の規制対応が必要なことから、市場自体は非常に魅力的な一方で、本格的に投資をして参入するか、非常に戦略的な判断を迫られる。
クラブハウスの熱が冷めてきたので、冷静に読めました。
今後、音声だけのSNSはどのようになるのでしょうか。
まさに明日は破産か、ユニコーンかですね。
中国は新しいものがすぐに出てきますが、消えていくものも多いです。
インターネット初期の頃、グーグルの検索エンジンよりも、日本のものは凄かったですね。

アメリカ最大のフードデリバリーはDoorDash、アラブ圏最大の音声アプリはYallaですが、どちらも中国の起業家によって作られアメリカに上場したものです。Zoomのようなグローバルスケールするテクノロジーはさておき、地域を制するローカルアプリが作れるのは本当に凄いと思います。
数十ものクラブハウスがあるそうですが、
数年後に誰が勝ち残り、どうして勝ち残れたのか、
振り返ってみたいです。
インドも似たような市場環境にあるので。
中国って文字を打つのが大変すぎて、音声チャットが普及してるイメージあったよね。
この連載について
明日の中国のビジネスを作り上げるスタートアップの生情報を、現地で活躍する投資家たちにレポートしてもらう週刊連載。ジャーナリストの高口康太が、責任編集を務めます。