新着Pick
50Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
新型AirPodsに関する記事です。

記事中で触れられているSpatial Audioや外音聴取機能、圧力差による不快感を軽減するための通気システムなど、色んな面でAppleは「AirPodsが常時耳についているのが当たり前の世界」を目指しているように思います。

リモートワークで常にイヤフォンをつけて仕事をする人も増えたように思いますが、普通のイヤフォンではやはり痛みや不快感は拭い去れないです。それを如何に自然に装着しつづけられるようにするかが、デバイスメーカーとしては一つのチャレンジです。

しかし、スマホ画面やHMDなどの『視覚』と違い、"ながら作業"が可能な『聴覚』、すなわち耳を抑えることは、何かしらのインターネットコンテンツと触れられるチャンスを劇的に増やすことになります。

したがって、音楽・Podcast・AudioBookなどの音声系サービスへの滞在時間を大幅に増やすことがつながるかと思いますし、Appleは本気でそういった世界を目指しているのではないかと思いました。
AirPods買う人から見るとノイズキャンセリングの有無は結構大きいのでは?

『これがもし本当であれば、AirPods 3とAirPods Proの違いは、Proが対応するノイズキャンセリング機能が、AirPods 3には無いことぐらいかもしれない。』
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
231 兆円

業績