新着Pick
45Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
今こそこの分野はオープンソースやオープンデータの施策を力ある企業やプロが広げてほしい「Amazonはこの技術を一般公開しており、規模の大小にかかわらず、個人や企業は無料でソフトウェアをダウンロードし「ディスタンス・アシスタント」が作成できる」
人気 Picker
正確に2mを測ろうとするとカメラキャリブレーションなど相当手間のかかることが必要ですが、「大体2m」で良ければ人の標準的な身長を利用して表示させることができそうですね。
Amazon Goなどで人を認識できているので、その技術があることを考えれば余裕でできるものだと思う。むしろここから生産性改善のための取り組みとかが本丸ではないか?
Amazonは企業や社会が使うインフラ事業に強い、と改めて感じさせられます。

本サービスが物流設備だけでなく、東京や大都市圏の様々な場所に導入されてほしいし、それを国や自治体レベルで補助を出しても良いのではないでしょうか。

何を行うにせよ、問題の認知から事は始まり、そのためには可視化が必要です。
常にソーシャルディスタンスが取れているかを意識させられる事は精神的にいいものではないかもしれませんが、コロナ終息を加速させるためには大事なことと思います。
コロナ拡大の初期頃から公開されてる技術です。そこまで売り出してると思いませんでしたが、日本での導入が進んでいたのですね。

集客施設では、体表温度測定の装置が入り口にかなり導入されて水際対策がしっかりしてきています。次は施設内での密の見える化と解消にこのような技術の適用が進みそうと感じています。
素晴らしい取り組みですね!ただし、今年いっぱいでお役御免となり、次にニーズがでてくるのは100年後ということになりそうです。

amazonなので、ただでは転ばす、この技術を応用できるサービスを考えてくると思うので問題ないでしょうが。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
「Amazonはこの技術を一般公開しており、規模の大小にかかわらず、個人や企業は無料でソフトウェアをダウンロードし「ディスタンス・アシスタント」が作成できるとのこと」
素晴らしいですね。必要としている現場で活用されることを期待します。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
177 兆円

業績