新着Pick
329Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
昨年の今頃から バタバタと始まったオンライン授業。 慣れている 仕事のオンライン会議や打ち合わせとはちょっと勝手が違って、戸惑ったことを思い出す。
Zoomではなく Teamsを使用することになり、チームディスカッションに当てる時間も長いので、グループの数だけpc置いて ヘッドセットでpcからpcへと行き来しながら、ディスカッションに参加するなど いろいろ工夫もした。
教室に一人 カメラに向かって話しかけるのにもだいぶ慣れたけれど、反応がダイレクトな肌感として持てないのがちょっと寂しい。 一方で画面の向こうに 学生がいるというリアルに近い感覚も持てるようになり、違和感を感じなくなってきた。  学生には リアルの良さとバーチャルの良さの両方を体験して「いいところどり」をして欲しいと思っている。
デジタルネイティブな世代の人々にとっては、既存の考えに縛られることなく自分たちで工夫していくことも 大きな楽しみになっているのではないだろうか。
ちなみに ヨガとピラティスのレッスンをオンラインで受けているが、全く違和感なく私は楽しめている。
人気 Picker
コロナ禍で大学がどうアップデートしたか。現場でしか分からない視点でインタビューを受けました。メディアはあまり報じていませんが、教員も学生もアップデートしています。
教える側としては、オンラインでも結構ケースディスカッションできるなと思っているのですが、学生がどう思っているのかを現在調査中です。KBSの場合、1年生は「オンラインのみ」なので対面授業とどこがどう良かったか、悪かったかという比較が難しいのが難点ですが。
昨年から、大学の学びの場もオンラインにまずは環境をうつして学べる状態へ持っていくことが必要とされ、環境が整いオンライン授業ができるように。オンライン授業であれば、私も講師として何度か授業させていただきましたが、出張することなくすぐに登壇できるために計画しやすいメリットもありました。
その先、では授業により学びは出来るがまわりの人とどう繋がればいいのか、という観点が様々なところで議論されていました。会社も新入社員の方々はリモートワークがメインですと、研修はオンラインで可能ですが、繋がりという観点では同じようなトピックが課題になりました。
人のオリジナリティを尊重することは大事だなと、ついつい子供の子育て中の私は子供のオリジナリティをつぶしてはいないか、レールや決まったフレームにあわせすぎていないかと、見直ししなくてはと思いました。オリジナリティを尊重しながら、個々の強みを出し、そしてオンラインの時から共感を大切に自らつながるという意思を持って、その機会を創出するきっかけをいろいろな形で提供しようと思います。
与えられるだけではなく、きっかけは提供し繋がれる場を出しながらも、個々が共感力と共にむしろオンラインだからこそ繋がれたという新しい気づきが出るといいですよね。
オンラインだからこそ、対面ではできないきめ細かい対応がデジタルでできる。それは、たとえリアルタイムでなく、オンデマンドであってもである。単に、一堂に会するか否かの違いだけでなく、対面≒アナログ、オンライン=完全デジタル、という差異も大きい。デジタルでできると、教える側の限界コスト(初期費用はかかるものの、学生が追加的に1人増えたときの費用)が劇的に下がる。その分、きめ細かい対応も可能になる。
学生は、デジタルだからこそきめ細かくできる教員側の対応によって教育効果が高まるという意味で、恩恵が受けやすくなっているだろう。対面だと人目をはばかって質問ができないが、オンラインなら気にせず質問できる場合もある。
オンライン環境ならではの価値をいかに最大化できるかという着想に同感。教員もアップデートが必要ですね。

かくいう手前も人気YouTuberを沢山視聴し勉強しました。定型的な解説の部分は録画コンテンツを使いまわすことで、ライブのディスカッションやグループワークに注力できます。外部のエキスパートも格段に余分に呼びやすくなりましたし。
本学は前期完全遠隔講義でした。
担当するワークショップ形式の講義をZoomのブレイクアウトセッションを活用して実施しましたが、オンデマンド形式も少なくない中、一方通行ではない、学生相互のコミュニケーションも行う講義にはポジティブな反応がありました。他の講義との比較で、学生からの授業評価は高くなりました。
学生もコミュニケーションに飢えていたと思います。ワークショップ形式の講義運営をファシリテーションする外部講師の方や、学生TAの方とのコミュニケーションもよかったようです。

この経験でわかったことは、コミュニケーションを促す講義においては、場づくりが大事であり、場というものは物理的な接触は必須ではないことでしょうか。ただし、人前で発表する、ということについてはZoomでカメラの前で発表するのとは異なるもので、その点、生身の人間を前にする経験はデキなかったかな、と思います。

これもITリテラシーやネットへの接続環境や、デバイスの保持が前提になっているわけで、1年生の前期で、よくやっていけたな、と思っています。
授業をしていて少し衝撃的だったのが、「大学一年生の、著しく高い出席率」でした。「サボる」という事を知る機会がなく、高校生の頃と全く同じテンション感で授業に出てくれます。もちろん、それはそれで素晴らしい事ですが、「本当に今の大学一年生は、友達から隔離状態にあるのだなぁ」と教員として実感した事象でもありました。
関連記事一覧
アメリカの起業家たちが後悔した「大学で“取っておけばよかった”授業」
クーリエ・ジャポン
132Picks

【SEO】Google、注目のAI検索アップデートを発表
MARKETIMES(マーケタイムズ)
18Picks

ジャズをアップデートしてきた男、マイルス・デイヴィス 音楽とファッションとサムシング(第4回)
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
8Picks

東大教授「授業がオンラインで済むなら、多くの大学教授は不要になる」 - 問題はスーパー型の大学設計にある
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
6Picks

正式版にアップデートしたChrome 86の5つのおすすめポイント
ライフハッカー[日本版]
3Picks

【ホンダ N-BOX 改良新型】スタイル刷新で商品力さらにアップ、絶対王者に慢心なし
レスポンス
2Picks

Spotify、無料プランユーザーのための「アップデート」を発表
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
2Picks

同じメーカーの同サイズSUVなのに「積載力」に大きな差! 同門の「ラゲッジ」対決の行方
WEB CARTOP
2Picks

【イベント告知】 2020/10/27@第4回ブラジル・ジャパン・スタートアップ・フォーラム オンライン - アグリテック編
note(ノート)
2Picks

楽天・石井監督 開幕戦で初勝利 ひょうひょうと「瞬発力」勝負
毎日新聞
1Pick