新着Pick
254Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いくつかのコメントが本筋とズレていそうなので、正しいニュアンスを勝手ながら補足させていただきます。

ここのセキュリティとは、録音できるなどではなく、全ての会話データがインフラから恣意的に自動送信されるリスクのことで、具体例としては中国などによる通信傍受に対する脆弱性をあげています
https://www.google.com/amp/s/www.theverge.com/platform/amp/2021/2/14/22282772/clubhouse-improve-security-stanford-researchers-china-security

全データ、中国がぶっこ抜けちゃうかもよ、と。
その実質的なインパクトは皆さんも書いている通り、そもそも聞けるじゃん、と言えばその通りなのですが、それを外国が機械的に抜いてテキスト化したうえでマイニングしているとなれば、アメリカとしては心穏やかではないですね。

しかも今をときめくアプリの1つ。

それが、本記事にある「流出」の真意かと思います。
壁に耳あり、障子に目ありだと思って毎日話してます。笑
一方で、クローズドルームの会話まで抜かれているようであれば困る人もいそうですね。
クラブハウスのセキュリティ懸念については、二つの観点があると思います。一つは、個々の知り合い同士の会話(おしゃべり)にどの程度の守秘性を期待すべきかです。少なくとも、普段の会話と同じく、所属企業の機微な情報などを持ち出すべきではないと思います。もう一つは、いわゆるビッグデータとしてのセキュリティです。以前、ビッグデータの専門家から「ビッグデータ(処理)は、大量のゴミの山から金塊を作り出すこと」と教えられました。その意味で、クラブハウスでの(機微な話題ではない)気軽な会話も、それを大量に収集し分析できれば大きな価値を生み出しうることになります。その価値は誰のものになりうるか、がセキュリティ的懸念となります。後者については、GAFAMに代表される大規模プラットフォーマにとって共通の懸念事項といえます。
そんなものはどのサービスでも同じで実際去年はZoomボムが流行ったし、カード番号も盗まれる時代むしろここで皆がしゃべってる事にどれだけの価値あるいは秘匿性があるのか、ハッカーのモチベーション的にもどうか。

それよりもこの会社のサーバサイドはAgoraという中国色の強いシリコンバレー/上海ハイブリッド企業がやっている。Clubhouseのバックエンドを担っているためブームから一気に株価が駆け上がって1兆円ほどの時価総額になっているが、その意味で米中テクノロジー地政学的リスク文脈のほうがよほど大きいと思うし、その点リード投資家のアンドリーセンホロビッツも含めて退避策を近々実施するのでは。
ハッカー対策が講じられればクローズドの環境が保証されるわけではなく、クラブハウスに「ここだけの話」は通用しないものと思って使った方がよさそうです。私はスピーカーになるときには、自分の中で「ここまでは話せる」の内容をだいたい決めてかかるようにしています。
元々誰でも聴ける、流出は前提、とかそういう問題ではなくて、特定の政府に組織的に政治利用される可能性が問題なのです。

不特定多数が参加するルームはともかく、例えば少人数のクローズドなルームであっても聴かれてしまうのは問題です。グループ通話ならSignalなどエンドトゥーエンド暗号化しているツールはあります。

私は使用反対と言いながら、なんだかんだ依頼されて登壇してますが、早く社会問題化して仕様変更してもらうか、熱がさめて使われなくなるか、政府に使用禁止にして欲しいです。
流出が心配ならあそこでしゃべってはいけないんでしょうね。
スノーデン事件を見ても、データを抜くのは中国だけじゃないですし…。
最近やっと招待届いたので入ってみたら、究極的にhypeでfilter bubbledな世界が日本語と英語とハングルで飛び交ってて、笑ったし、ホワイトノイズ替わりに適当なルームに首突っ込んでたら同じルームに潜んでいたであろうインスタグラマー女子(笑)が僕のインスタ(飯とラーメンばっかり)の数少ない猫と桜の写真を3つgoodしていった。そのアカウント覗いたらフォロワー3桁だったのでフォローしろって事なんでしょう。

最高にクソだね。
いまいち流出のニュアンスが良くわからない内容ですね。公開ルームで話している限り個人でも録音する輩はいるでしょうし、実際芸能人でもクラブハウスで話した内容が記事になった配信されたりとかありますよね。セキュリティ上の懸念って悪用されるということですか?
Twitterにしても、Clubhouseにしても、「公開」の意味をよく理解して運用することが一番大事だと思います。

つまり「聞かれて、読まれてマズいことは、言わない、書かない」…仮にセキュリティが担保されていたとしても、この原則は同じです。

それに同意できない場合には、それらのアプリやサービスを使うべきではないと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません