新着Pick
354Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
新たな分野に課題があることは当然なので気にする必要はない気がしますが、適正な投資によって成長していってほしいと思います。詳細は調べてみる必要ありですが、大きな可能性を感じる分野です。
人気 Picker
面白い記事です。
世界で戦争、危機、テロが発生すると、農業の技術革新が起きる歴史があります。食料安全保障を考える国が、農業を支援するためです。
9.11、リーマンショック後も、農業の技術革新が進み、先進国の農業輸出が伸びるという現象が起きてます。先進国は、危機時に食料自給率が少しづつ改善されます。
唯一、ここ30年食料自給率が横ばいなのが日本だけ。日本の目指すべきグランドデザインが問われている気がします。
日本の食料自給率は、野菜生産でさえ、種苗の調達までを含めると食料自給率は8%未満となります。
シンガポールは、30 by 30という戦略を打ち出し、2030年までに食料自給率を30%(現在10%)まで向上させるという目標を掲げています。
そのため、スマート農業や細胞農業など、先進技術に関しても積極的に導入しています。
日本も、食料自給率が決して高いとは言えない状況であるため、抜本的な見直しを早急に図るべきだと思います。
使える土壌が、どんどん減っている現状を考えると、方向は、こちらに行くしかないようです。

あとは、どこまで一気に投資して、スケールメリットを効かせられるかでしょうね。

スケールを大きくできれば、一気に単価は下がります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません