新着Pick
414Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
蛯原さんの解説なので付け加えるようなことはほとんどありませんね。限られた分量のなかで必要な知識と視点が盛り込まれています。

東南アジアの成長を自社の成長に取り込んだりシナジーを起こさせるには、蛯原さんも指摘しているように、トップのコミットメント、30年ぐらい東南アジアに身を捧げる人材の確保、ここが本当の勝負のポイントだと思います。

また、蛯原さんの発言を読んでいくとわかりますが、マクロの政治経済や現地に根ざした社会的課題への理解が、東南アジアの成長とともに自社を成長させることに直結します。

他にも東南アジア投資を活発にされている日本人VCの方もいらっしゃいますが、会話をすると皆さん共通しているのは、こうしたマクロ感への理解を大切にしていて、常なるアップデートへの意欲。VCに限らず、一般的な日本企業にも同じことが当てはまると思います。

ユーザベース在籍中に、INITIALでも東南アジア特集を2回連載でくんだことがあります(下記記事、有料会員向け)。
https://initial.inc/articles/southeast-asia-startup-1
人気 Picker
東南アジア7億人市場、といっても、別に単一市場ではなく、1人当たりGDPも、資本主義か社会主義か、といったところから国によって全然違う、というのは大前提です。
 その内人口2億5千万人を超えて圧倒的に大きいのがインドネシア、人口1億を超えたのがベトナムとフィリピンです。
 どの国でもスマートフォンがどんどん売れて、テック企業が急速に伸びているのは同じです。東南アジア最貧国であるミャンマーでもそうです。
 ただ、外国人が投資をしやすいか、その国独自のユニコーン企業が現われているか、というのは国によって違います。ベトナム人が非常によく使う通信アプリ、Zaloなどに早期に投資できていれば、莫大なリターンがあったでしょう。しかし、社会主義国のベトナムでは、外国人の株式購入に大きな制限があります。
 ベトナム、ラオス、カンボジア、ミャンマーのような社会主義的性格が強い国では、ユニコーン企業が現れにくいし、あっても外国人の関与がむずかしいです。
 インドネシアとフィリピンは、資本主義とはいえ、巨大財閥があり、流通や小売、建設、重厚長大な製造業は、現地財閥との提携無くしては入って行けないです。
 インドネシアの財閥は日本と似たところがあり、伝統的産業は寡占しても、ネットを活用したテック産業にはあまり入ってきませんでした。そこに、ユニコーン企業が台頭できる空白地帯がありました。
 フィリピンは頭脳流出が著しい国です。ユニコーン企業が現われない根本原因はおそらくそこです。GDPの10%が海外に出稼ぎに行ったフィリピン人の送金で成り立っている国ですが、送金問題はフィリピン人の非常に大きな関心事なので、そういうアプリの需要はあるでしょう。
ユニコーン投資も迫力がありますが、なによりもその創業者たちが、社会で圧倒的な支持とインパクトを持っていることが眩しい。まだ30代の彼らが大臣になったり、巨大な伝統企業の経営陣になってゆくところに、勢いを感じます。

世界のスタートアップを発掘する、名うての投資家たちによるこの連載。今回はシンガポールから、東南アジアで大きな投資実績をもつ蛯原さんによるレクチャーです。
久保田さんのQuartzスタートアップセレクトは毎度愛読してますが、その東南アジア版を返句させて頂いた感じで、少しスケールを壮大にマクロ感も含め語りました。やはり勝手知ったるプロとの対談はあっという間の楽しい時間でしたね。
私も「ポテンシャルがある国だから」と言いくるめられてインドネシアに来たクチですし、愛着もあるので、このようにインドネシアを取り上げてくださってありがたい気持ちなのですが、一方でもしこの記事を読んで「これからはインドネシアだ!」となる猪突猛進な人がいるとちょっと心配なので若干付記します。
・塩崎先生も書いておられるように、大規模な事業展開は現地財閥とのタッグが必須。
・EC事業も雨後の筍のようにプレイヤーが乱立しており、立ち上げれば拡大という状態ではないです。たとえば機械工業系の地場EC(B to B)は軒並みうまくいってません。
・複雑怪奇な法令や商慣習がはびこっており、これに従うのも一苦労。先の「事業複雑性ランク」では栄えある最下位を獲得しました。
https://www.nna.jp/news/show/2057460
・若手閣僚を登用するのはとても良い側面ですが、一方でベテラン閣僚をないがしろにできないジョコウィ内閣の苦悩が見て取れます。この閣僚さんや議員さんがいろいろやらかしてくれます。

首相選を戦ったプラヴォウォ氏(現・国防大臣)からしてかなりグレーだし、
https://bit.ly/3dEHT0c
農水大臣はコロナに効果があるネックレスを売り出そうとするし、
https://www.arabnews.com/node/1702381/world
LGBT迫害ともとれる刑法改正案が議会を通過したりもし、大規模なデモに発展しました。
https://www.afpbb.com/articles/-/3245604

アントレプレナーシップが旺盛(というより、本業と副業の垣根が限りなく低い?)のは事実で、面白い国だと思います。
(何を面白いと思うかは人それぞれですが)
今回は、NPでお馴染みの蛯原さんにお聞きしました。

気付かされたのは、エマージング地域は国そのものが「スタートアップ」で、そのど真ん中のメインストリームで活躍するのがベンチャーだということ。これは日本とは全く真逆の構造で、国そのものが成熟していて、急成長するベンチャーはまだ少数派です。

「スタートアップ」という意味も、ニュアンスも、そして彼らを覆う空気感も、日本とは全てが違う。この文脈で「スタートアップ創業者が大臣になる」という事実を整理すれば、確かに違和感なく頷けます。
超長期の投資育成スタンスが必要とのこと。東南アジアにおける社会のDX化とベンチャーの役割は大きい。ある時点を迎えると、その後は急拡大する市場。楽しみではあります。

スーパーアプリは参加する企業のシステム開発負担がそこそこかかります。中国のように数百万件のミニプログラムを搭載するためには、社会のDXがもっと進まないとむずかしいと思います。
同タイトルは、記事内にあるインドネシアの事例ですね。

東南アジアのスタートアップ事情が簡潔に分かりやすくまとめられていて、割と大きなプレーヤーからフォーカスしてくれているため、日本人にも馴染みがある名前の企業の最新状況をおさらいできました。

また、日本との投資環境の違いからのステージ論などはVCならではの洞察でした。

成功例ばかりが出る昨今で、フィリピンはまだ空白地帯であることへの言及も興味深かったです。

手軽に読めるので、東南アジア事業を行なっていない方でも世界のトレンドを知るという観点で読むと面白いと思います。
自分もそうだけどタイで起業して驚いたのは外国人、特に日本人起業家の多さ。タイは相続税がほぼなく貧富の差が激しいので、貧しい人はそれどころではないし、裕福な人はハングリーな人が少ない。どの業界も優れたサービスは少なく日本や欧米よりもチャンスは多く転がっていると思う。
改めて、大変勉強になりました。
しかし、ユニコーンとかデカコーンとか創業者達が、大臣になっていくというのは、国を良くして行く方向に導くんだろうなという期待感があっていいですね。
この連載について
ビジネスの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート