新着Pick
196Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
GOTOトラベル事業を状況に合わせた制度にすることは必要ですが、この際、休暇制度そのものを抜本的に変更することも合わせて検討すべきではないでしょうか。
以前から何度も書いていますが、日本がILO132号に批准し、休暇制度を整備すれば、需要の平準化や長期休暇、ワーケーションなども推進出来ます。コロナ禍とは言え、目の前のことだけではなく根本的な課題解決にも取り組んでもらいたいです。
人気 Picker
期間延長をすること、割引率を下げることでどれだけ今まで通り背中押しができるのかは検証ポイントですよね。

旅行の場合は、ひとつの消費財を購入するのと異なるので総予算が把握しづらいですが、総予算で判断します。宿泊費が無料でも、交通費が5万円かかるなら人は動かないということはたくさんあります。なので、パッケージでまとめた旅行代理店が大きく広がっていった背景もあります。

これ弊社でもあるのですが、1000円引きや20%OFFで体験を提供しても、交通費がかかるので人は動かなかったりします。

50%OFFだと沖縄に行くけど、25%OFFだと沖縄には行かないという流れです。行く目的地の距離や観光魅力度に依存すると思うのですが、その匙加減の検証になるといいなと思ったりしています。

GoTo利用実態の調査結果を分析し公開した上でPDCAまわし、意味のあるPDCAがまわせるといいのにと個人的には思っています。
観光庁の概算要求資料によると、再開するにあたりGOTOには、2つテーマがあります。

一つは、需要の平準化。ゴールデンウィーク以外や、平日など、需要を分散化しようというものです。

もう一つは、ソフトランディング。GOTOが終わった後に、バタッと客足が途絶えないように、緩やかに補助金を無くしたいというものです。

一つ目については、閑散期は、直近は、ゴールデンウィークと春休みを除く期間で、ここにテコ入れしようと思ったら、3月中旬には開始するか、5月ゴールデンウィーク終わってから即開始するかのどちらかです。

3月中旬は、緊急事態宣言解除後すぎて、世論に配慮しても、おそらく開始しにくい。

5月ゴールデンウィーク後ですと、6月末までには、予算消化が間に合わないでしょう。

減額はともかく、期間延長は検討に入るかもしれません。
その他の見直し可能性として「繁忙期対象外」があると見てます。具体的にはGW・お盆休み・年末年始を対象外にする案です。もう少し可能性を広げると土日も対象外になる可能性があります。全ては密を避けるため、という名のメディア・世論の配慮です。もともと繁忙期の集中は観光産業の課題であり、その打開策としてまずは企業の有休消化率の底上げがあったので、本対策としても平日利用に限定するのはあり得ると思います。
Go to トラベル再開に向けた動きは歓迎。

元々、観光産業の課題は「需要の平準化」。連休に多くの方が訪れて、それにあわせて人やモノを準備するのを繰り返しています。雇用やモノを安定させるために、平準化は悲願です。

そのため、Go to トラベルも平準化へ推し進めるため
・人気の観光地/それ以外
・平日/休日
で金額を変えるなどを工夫してもらえたらありがたいな。
結局、宿泊施設は、go to トラベルで補助金が出る分を睨んで高値で値付けをしていると感じました。そして、閑散期については、結局コロナ禍以前よりかなり高い値付けとなってしまっているのが散見されました。

利用者から見ると、高い値付け分は、補助金が補填してくれて、それ以外に地域利用券が支給されるので、トータルで得するという判断をしていたところがあります。

どちらも、補助金におんぶに抱っことなっていたように感じますが、補助金上限を下げれば、多少なりとも宿泊施設は自助努力をして、閑散期には今まで通り値付けそのものを下げるという当たり前のことをするようになれば、自然に需給バランスも正常に戻ることを期待したいです。

個人的には、高く値付けした上に、コロナ禍だからといってサービスレベルを下げるというスタンスの宿泊施設は、利用したくないと思います。
GoToを再開する際に、仕組みの設計は重要なポイントになる。
前回の経験から学んで、単純なインセンティブの大小ももちろんだが、経済効果についても産業別の波及効果などを考える必要があると思う。
減額の期間延長やると思ってたけど、
そんなショボいキャンペーンじゃ旅行しないです。

需要喚起したいなら逆でしょ。
75%Offで還元上限撤廃。期間は限定2ヶ月。
これで間違いなく旅行しまくる。

その後はきっぱりとキャンペーンは終わり。
黙っててもコロナが収まって良い季節になればこれまでどおり、みんな旅行しますよ。
これまでもGoToトラベルの制度見直しについて報道されていましたが、上限の見直しについて触れられたのは初めてではないでしょうか。これで恩恵を受けるホテルが変わってくるのかもしれません。
Go To トラベルの再開に向けて設計見直しの動き。「上限を1万円に見直し、さらに段階的に引き下げる案や、5000円に大幅減額しつつ期間を秋から年末まで延長する案が出ている」